マコヴィッキィ、スーパーGT復帰か? 日産勢も大シャッフルとの情報

シェア
コメント
マコヴィッキィ、スーパーGT復帰か? 日産勢も大シャッフルとの情報
執筆:
2019/01/18 3:07

2019年のスーパーGT(GT500クラス)の日産勢にフレデリック・マコヴィッキィが加わる可能性が高くなっていることが分かった。

 2019年がスタートし、より注目度を増しているスーパーGTのストーブリーグ。GT500ではレクサスと日産が体制発表を行なっていないが、このうち日産勢がさらなる大シャッフルを考えているという情報が入った。

 先週末行われた東京オートサロン2019では、ホンダがいち早くGT500の体制を発表。他にもGT300クラスの数チームがドライバーラインアップを明らかにした。それと同時に、まだ体制が明らかになっていない他陣営の新たな情報も飛び込んできた。

 特に動きが活発になっているのは日産勢。motorsport.comでも、昨年12月にラインアップ予想を掲載したが、年末年始にかけてさらに動きがあったようだ。

フレデリック・マコヴィッキィ、ミシュランのサポートを受け日産入りが濃厚?

 東京オートサロンの会場で流れた新しい情報によると、どうやらフレデリック・マコヴィッキィが日産に加入する可能性がかなり高くなっているようだ。

 ここ数年はポルシェのワークスドライバーとしてWECやGT3車両のレースで活躍してきたマコヴィッキィ。だが、昨年12月に行われた日産のGT500ドライバーオーディションに参加したと言われている。

 またミシュランタイヤの強力なサポートもあるようで、加入するとなれば3号車のB-MAXになるのではないかと見られている。タイヤ開発という部分では定評のあるマコヴィッキィが日産に加入するとなれば、同じミシュランタイヤを履く23号車NISMOにとっても追い風となりそうだ。

 そのチームメイトとなるのが、昨年から噂されている平手晃平。先日の東京オートサロンで体制発表を行ったaprからの離脱が確定していることを考えると、日産入りはほぼ確定とみて間違いないようだ。

 これにより昨年までレギュラーを務めた本山哲と千代勝正が抜ける可能性が高まってきた。どうやら千代はKONDO RACINGへ移籍するか、海外のGT3車両を使ったレースに専念するのではないかという噂がある。

 一方の本山に関しては、チーム残留は厳しくなりつつも、別の情報では残留が確定しているという話も上がってきており、この辺りの詳細は体制発表を待たなければいけない状況だ。

 また、動きがないと思われていたIMPULに関しても、ここにきて様々な噂が上がってきた。佐々木大樹の残留は濃厚だが、ヤン・マーデンボローが離脱し、代わりにジェームス・ロシターが入るという情報が飛び込んできた。

 マーデンボローはフォーミュラEに参戦する日産・e.ダムスのシミュレーター開発ドライバーに就任。先日マラケシュで行われたルーキーテストにも参加した。

 フォーミュラEとの兼ね合いもあり、スーパーGT参戦は難しくなっているではないかと思われていたマーデンボローだが、一部では「マーデンボローは2019年もGT500のシートを獲得できた模様」という情報も入ってきており、こちらも情報が錯綜している。

 KONDO RACINGでは、高星明誠の残留の可能性が高まっているようだ。彼も日産・e.ダムスのリザーブドライバーに就任し、スーパーGTとの兼務は難しいのではないかと言われていたが、どうやらスケジュール面などを含めて大きな支障はない模様。そのまま残留する方向で話が進んでいるようだ。ただ、それ以外にも候補となるドライバーが多数いる状況で、具体的なラインアップが見えてきていない。

 なお日産は、2月9日(土)に「2019年モータースポーツ活動計画」発表会を行うとしている。

レクサスの体制は最終調整段階へ、気になる小暮卓史の名前は……

 一方、レクサス陣営は6チーム12人のラインアップ調整がほぼ落ち着いた模様。昨年までGT300クラスで戦っていた中山雄一、坪井翔のGT500ステップアップは確実で、坪井は19号車のBANDOH、中山が39号車のSARDに加入、山下健太が6号車TeamLeMansに移籍するという方向で最終調整が進んでいるとみられている。

 そして、先日の東京オートサロンでホンダのGT500クラスから離脱することが明らかとなった小暮卓史。ファンの間ではレクサスや日産へ移籍し、GT500クラスで走る姿をみたいという声がネット上でも見られている。しかし、現段階では両メーカーのラインアップにも候補者として名前が挙がってきていない。

 どうやら今年のGT500クラスから小暮の名前が外れることは、ほぼ確定のようだ。

2019スーパーGT GT500ラインアップ予想(1月16日時点:motorsport.com調べ)

◎=確定 ◯=濃厚 ▲=有力 △=微妙 ?=噂

【Honda】※1月11日に発表済み

#1 TEAM KUNIMITSU
◎山本尚貴 ◎ジェンソン・バトン
#8 ARTA
◎野尻智紀 ◎伊沢拓也
#16 TEAM MUGEN
◎武藤英紀 ◎中嶋大祐
#17 KEIHIN REAL RACING
◎塚越広大 ◎ベルトラン・バケット
#64 Modulo Nakajima Racing
◎ナレイン・カーティケヤン ◎牧野任祐

【LEXUS】

#6 TeamLeMans
◯大嶋和也 ◯山下健太
#19 BANDOH
◯国本雄資 ◯坪井翔
#36 TOM’S
◯中嶋一貴 ◯関口雄飛
#37 TOM’S
◯平川亮 ◯ニック・キャシディ
#38 CERUMO
◯立川祐路 ◯石浦宏明
#39 SARD
◯ヘイキ・コバライネン ◯中山雄一

【NISSAN】

#23 NISMO
◯松田次生 ◯ロニー・クインタレッリ
#3 B-MAX
◯平手晃平 ▲フレデリック・マコヴィッキィ △本山哲 ?ダニエル・ジュンカデラ
#12 IMPUL
◯佐々木大樹 ▲ジェームス・ロシター △ヤン・マーデンボロー
#24 KONDO
▲高星明誠 △千代勝正 △ジェームス・ロシター ?ヤン・マーデンボロー ?ダニエル・ジュンカデラ

次の記事
ホンダ、クラス1規定本格導入の来年以降も、ミッドシップ車での参戦を希望?

前の記事

ホンダ、クラス1規定本格導入の来年以降も、ミッドシップ車での参戦を希望?

次の記事

ARTA、2019年カラーはオレンジじゃない? 鈴木亜久里監督「ちょっと驚くと思う」

ARTA、2019年カラーはオレンジじゃない? 鈴木亜久里監督「ちょっと驚くと思う」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita