第1戦岡山|GT300クラスはBSタイヤ勢がトップ4独占、ARTA NSX GT3がポール獲得

シェア
コメント
第1戦岡山|GT300クラスはBSタイヤ勢がトップ4独占、ARTA NSX GT3がポール獲得
執筆:
2019/04/13 9:55

岡山国際サーキットで行われているスーパーGT第1戦。GT300クラス公式予選では#55 ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得した。

 2019スーパーGT第1戦岡山。GT300クラスは#55 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺)がポールポジションを獲得した。

 気温16度、路面温度24度でGT300の予選Q1がスタート。今回は2グループ制でQ1が行われることになり、まずはA組の15台がコースインした。

 セッション開始直後から各車がタイムアタックを始め、1分26秒台を記録するドライバーも多かったが、その中で速さをみせたのが#52 埼玉トヨペットGreenBrave マークX MCの吉田広樹が1分25秒702を記録。さらに翌周もタイムを更新し1分25秒393のベストタイムを記録し、2番手以下に0.6秒の差をつけA組トップ通過を果たした。

 2番手には#88 マネパ ランボルギーニ GT3、3番手には#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3が入った。

 2グループ制ではQ1突破ラインとなる8番手争いは熾烈となり、目まぐるしく順位が入れ替わったが、最後の最後で昨年GT300王者の#65 LEON PYRAMID AMGの黒澤治樹が8番手に食い込み、Q2進出を決めた。その一方で、今季スーパーGTにデビューするGT3マシンたちは苦戦を強いられ、#7 D’station Vantage GT3(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)は10番手、#720 McLaren 720S(アレックス・パロウ)は15番手に終わりQ2進出はならなかった。

 続いて、B組の14台がコースイン。同じように10分間のQ1セッションが行われた。ここでは上位陣は1分25秒台を記録するハイレベルなタイムアタック合戦となった。その中で速さを見せたのが#55 ARTA NSX GT3(高木真一)で1分25秒447をマークし、B組トップ通過を果たした。これに続いたのが#10 GAINER TANAX triple a GT-R(石川京侍)が2番手につけ、3番手には#25 HOPPY 86 MC(佐藤公哉)が続いた。一方、昨年この開幕戦を制し、今年はNSX GT3にマシンをスイッチした#18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志)は9番手となり、Q1敗退となった。

 A組、B組からそれぞれ勝ち上がった合計16台が揃って行われたQ2。ここでは今季からGT300に挑戦するルーキードライバーたちが光る走りを見せた。

 まずトップタイムを記録したのは#55 ARTA NSX GT3の福住仁嶺。途中ペースが遅いマシンに引っかかったものの、綺麗にまとめ上げ1分24秒889をマーク。いきなりコースレコードを更新する走りをみせた。

 これに対しライバルたちも果敢にタイムアタックをするが、福住のタイムを上回ることができない。特に午前中の公式練習でトップタイムを記録していた#52 埼玉トヨペットGreenBrave マークX MCの脇阪薫一。1分25秒台前半のタイムを何度も出すが福住のタイムに近づけなかった。そんな中、肉薄するタイムを記録したのが#96 K-tunes RC F GT3の阪口晴南。わずか0.016秒差に迫る1分24秒905をマーク。2番手につけるが、トップ逆転とはならなかった。

 ここでチェッカーフラッグとなりQ2が終了。#55 ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得。福住にとってはフル参戦1戦目でいきなりポールシッターとなり、昨年からGT300に参戦しているホンダNSX GT3勢にとっても初のポールポジションとなった。

 2番手には#96 K-tunes RC F GT3、3番手には#52 埼玉トヨペットGreenBrave マークX MC、さらに4番手には#65 LEON PYRAMID AMGが入り、ブリヂストンタイヤ勢がトップ4を独占する結果となった。

スーパーGT第1戦岡山GT300kmレース GT300クラス公式予選結果

1. #55 ARTA NSX GT3/1'24.889
2. #96 K-tunes RC F GT3/1'24.905
3. #52 埼玉トヨペットGB マークX MC/1'25.091
4. #65 LEON PYRAMID AMG/1'25.186
5. #25 HOPPY 86 MC/1'25.195
6. #5 ADVICS マッハ車検 MC86/1'25.241
7. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG/1'25.488
8. #56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R/1'25.566
9. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT/1'25.575
10. #11 GAINER TANAX GT-R/1'25.718
11. #10 GAINER TANAX triple a GT-R/1'25.736
12. #60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/1'25.974
13. #34 Modulo KENWOOD NSX GT3/1'26.103
14. #88 マネパ ランボルギーニ GT3/1'26.156
15. #33 エヴァRT初号機 X Works GT-R/1'26.933
16. #2 シンティアム・アップル・ロータス/1'29.106
-- 以上、予選Q2で決定 --

17. #360 RUNUP RIVAUX GT-R/1'26.309(A組)
18. #18 UPGARAGE NSX GT3/1'26.061(B組)
19. #7 D'station Vantage GT3/1'26.367(A組)
20. #87 T-DASH ランボルギーニ GT3/1'26.093(B組)
21. #35 arto RC F GT3/1'26.464(A組)
22. #9 PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE/1'27.050(B組)
23. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/1'26.571(A組)
24. #50 ARNAGE AMG GT3/1'27.159(B組)
25. #30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/1'26.576(A組)
26. #48 植毛GO&FUN GT-R/1'27.545(B組)
27. #31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/1'26.756(A組)
28. #22 アールキューズ AMG GT3/1'27.568(B組)
29. #720 McLaren 720S/1'26.801(A組)

次の記事
第1戦岡山GT500予選:クインタレッリ驚愕アタック。23号車ニスモGT-Rがポール

前の記事

第1戦岡山GT500予選:クインタレッリ驚愕アタック。23号車ニスモGT-Rがポール

次の記事

GT-R完全復活か? 大幅レコード更新は「全てが良くなってきた結果」

GT-R完全復活か? 大幅レコード更新は「全てが良くなってきた結果」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘
まずは最新ニュースを読む