スーパーGT
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
2 days
R
第8戦:もてぎ
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
44 days

第3戦GT300予選|一撃離脱のアタックでHOPPY 86 MCが今季初PP

シェア
コメント
第3戦GT300予選|一撃離脱のアタックでHOPPY 86 MCが今季初PP
執筆:
2019/05/25 8:25

2019スーパーGT第3戦鈴鹿。GT300の公式予選は#25 HOPPY 86 MC(松井孝允/佐藤公哉)がポールポジションを獲得した。

 鈴鹿サーキットで行われている2019スーパーGT第3戦の公式予選。GT300クラスは#25 HOPPY 86 MC(松井孝允/佐藤公哉)が今季初のポールポジションを獲得した。

 朝から強い日差しが照りつける鈴鹿サーキット。午後になってさらに暑くなり気温31度、路面温度48度と真夏日の中で予選セッションが始まった。

 全29台のうちトップ16台が次のラウンドに進出できるGT300クラス。開始直後から各車がコースインしタイムアタックを開始した。まずは#25 HOPPY 86 MC(佐藤公哉)が1分57秒895で暫定トップタイムをマークするが、同じマザーシャシーのトヨタ86を駆る#5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号(坂口夏月)が1分57秒827でタイムを更新。トップに浮上した。

 開始から10分が経過したところで、#9 PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE(峰尾恭輔)がヘアピンでクラッシュ。赤旗中断となった。幸い、峰尾に怪我はなく自力でマシンから脱出。マシンも大きなダメージを受けていない様子だった。

 マシンの回収が終わり、残り4分のところからセッションが再開されたが、残り時間が少ないということもあってか、大幅なタイムの更新はなく、上位陣の順位にも変化なくセッションが終了。5号車がトップでQ1を通過。2番手に25号車、3番手に#2シンティアム ・アップル・ロータスが続き、マザーシャシー勢がトップ3を独占した。

 この他、開幕戦ウィナーの#96 K-tunes RC F GT3は5番手、ランキング首位の#55 ARTA NSX GT3は13番手でQ2進出を果たしたが、前回の第2戦富士でポールポジションを獲得した#56 リアライズ日産自動車大学校GT-Rは21番手で敗退。昨年チャンピオンの#65 LEON PYRAMID AMGも22番手でQ1敗退となった。

 続くQ2は10分間しかないということで、セッション開始と同時に全16台がコースイン。タイムアタックを行なった。

 まず好タイムを出したのが、ここまでノーポイントできている25号車の松井孝允が1分57秒008を叩き出しトップタイム。2番手以下に0.5秒以上の差をつける速さをみせた。松井は連続してタイムアタックに入らず。そのままピットイン。まさに一撃離脱という走りをみせた。

 この松井の驚異的なタイムに対し、ライバルも果敢にタイムアタックを行なったが#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝は1分57秒587、5号車の平木湧也が1分57秒571でトップには届かなかった。

 そんな中、25号車に肉薄する走りをみせたのが96号車の阪口晴南。前半セクターではやや遅れを取っていたが、後半ふたつのセクターでベストタイムを刻み、1分57秒134を記録。松井のトップタイムには約0.1秒及ばなかったが、2番手を獲得した。ここでチェッカーフラッグとなり、Q2が終了。25号車の松井/佐藤組が昨年の第7戦オートポリス以来となる今季初のポールポジションを獲得した。2番手には96号車の新田/阪口組、3番手には5号車の坂口/平木組がつけた。

 先日、第一子となる男の子が生まれたという松井。父親になって最初のスーパーGTのレースで見事な予選アタックを披露し、ポールポジション獲得を果たした。

→【リザルト】スーパーGT第3戦鈴鹿|GT500&GT300予選タイム結果

次の記事
スーパーGT第3戦鈴鹿|GT500&GT300予選タイム結果

前の記事

スーパーGT第3戦鈴鹿|GT500&GT300予選タイム結果

次の記事

第3戦GT500予選|TOM'Sがフロントロウ独占! 36号車が僅差のポールポジション

第3戦GT500予選|TOM'Sがフロントロウ独占! 36号車が僅差のポールポジション
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦:鈴鹿
サブイベント Qualifying 2
ドライバー 佐藤 公哉 , 松井 孝允
チーム VivaC team Tsuchiya
執筆者 Tomohiro Yoshita