スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

第3戦GT300決勝|K-tunes RC F GT3が逆転で今季2勝目をマーク

シェア
コメント
第3戦GT300決勝|K-tunes RC F GT3が逆転で今季2勝目をマーク
執筆:
2019/05/26 11:26

2019スーパーGT第3戦鈴鹿。GT300クラス決勝は#96 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)が優勝した。

 鈴鹿サーキットで行われた2019スーパーGT第3戦の決勝レース。GT300クラスは#96 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)が今季2勝目を飾った。

 前日の予選日同様に朝から暑さの厳しい1日となった鈴鹿サーキット。それでも少し雲が多く出ていたこともあり気温29度、路面温度42度と昨日よりは少し暑さが和らいだコンディションで300kmのレースがスタートした。

 レース前には20分間のウォームアップセッションが行われたが、そこで#65 LEON PYRAMID AMGが立体交差下付近でマシンをストップさせてしまった。何かしらのトラブルがあったようで、ピットスタートとなり、全車が1コーナーに入った後に戦列に合流した。

 ポールポジションの#25 HOPPY 86 MC(佐藤公哉)がホールショットを奪うと2番手に#96 K-tunes RC F GT3(新田守男)が順当に続いた。予選3番手だった#5 マッハ車検 MC86 マッハ号(平木湧也)のペースは20分間ウォームアップでトラブルが発生。グリッドでもトラブルの修復を試みていた。その影響もあってか、決勝レースでもトラブルは解消されていないようで1周目のダンロップコーナーで#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)に抜かれると、みるみるうちに順位を落としていった。

 レース序盤は25号車の佐藤が若干アドバンテージを持っていたが、5周を過ぎたあたりから96号車が接近。一時は3秒近い差があった両車だが、7周目を終えた時点でその差は0.7秒まで縮まった。さらに3番手の61号車もトップから2秒差につけ、この3台が4番手以下を大きく引き離した。

 しばらく膠着状態が続いた3台だが、14周を過ぎて61号車が徐々に96号車に接近。その差を0.6秒差に縮めた。

 その直後、GT500クラスの#23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が130Rでクラッシュ。マシンの回収のためセーフティカーが導入された。

 GT300クラスが21周目を終えたところでセーフティカーが再開されたが、このタイミングで25号車がピットインし松井孝允に交代。タイヤ無交換でマシンを送り出した。同じタイミングで5号車、#369 RUNUP RIVAUX GT-R、#4 グッドスマイル初音ミクAMGがピットインした。

 トップに浮上した96号車は24周目にピットイン。阪口晴南に交代したが、25号車を逆転することできず、さらにタイヤ無交換作戦をしていた5号車(坂口夏月)の先行も許した。翌25周目には61号車もピットインし井口に交代。96号車の前でコースに復帰したが、タイヤが十分に温まっておらずスプーンカーブで阪口にオーバーテイクされた。その勢いで阪口は5号車に接近。30周目にオーバーテイクを決めた。

 33周目に#2 シンティアム・アップル・ロータスがピットインしGT300クラスの全車がピットストップを完了。これで25号車がトップに再び浮上。タイヤ無交換作戦が効き、2番手の96号車に対して17秒のアドバンテージを築いた。しかし、勢いは完全に阪口にあり、その差を少しずつ詰めていき、36周目には10.8秒差まで近づいた。

 阪口は松井に対して1周あたり約1.5秒から2秒近いペースで速いペースで走り、一気に接近。残り10周を迎えた時点で、トップ2台の差は2.2秒差に縮まった。

 そして残り9周になったところで、両車の差が1秒を切った。松井はタイヤ無交換の影響でペースが上がらなくなってしまっており、その隙をついて阪口が42周目のデグナーカーブでアウトからパスし、トップに浮上した。

 今回は気温・路面温度が予想以上に高いコンディションとなってしまったため、レース終盤になるとタイヤトラブルを抱えるマシンが続出。GT300クラスもタイヤ交換のみのために2回目のピットストップを行うチームが目立った。

 チェッカーまで残り6周となったところで、3番手を走っていた5号車がスピンを喫してしまいタイムロス。この間に61号車の井口が3番手に浮上した。しかし、ペースを取り戻した5号車の坂口が45周目のメインストレートで61号車を抜き去り3位に浮上した。

 96号車の阪口は最後まで安定した走りをみせ、最終的に後続に23秒もの差をつけ、トップチェッカー。今季2勝目を飾った。

 2番手に25号車が続いていたが、チェッカーを目前にして突然スローダウン。シケインから最終コーナーにかけて後続のマシンに次々と抜かれてしまった。これにより2位に5号車、3位に61号車が入った。

 25号車はなんとかゴールラインにたどり着いたが、結局5位でフィニッシュした。

【GT300クラス最終結果】
1. #96 K-tunes RC F GT3 1:48'35.123
2. #5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 +23.005
3. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT +23.939
4. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG +25.031
5. #25 HOPPY 86 MC +32.344
6. #55 ARTA NSX GT3 +32.369
7. #34 Modulo KENWOOD NSX GT3 +39.162
8. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS +46.589
9. #11 GAINER TANAX GT-R +48.243
10. #60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 +50.300
11. #31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT +51.008
12. #10 GAINER TANAX triple a GT-R +1Lap
13. #720 McLaren 720S +1Lap
14. #65 LEON PYRAMID AMG +1Lap
15. #18 UPGARAGE NSX GT3 +1Lap
16. #35 arto RC F GT3 +1Lap
17. #87 T-DASH ランボルギーニ GT3 +1Lap
18. #56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R +1Lap
19. #88 マネパ ランボルギーニ GT3 +1Lap
20. #360 RUNUP RIVAUX GT-R +1Lap
21. #30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT +1Lap
22. #9 PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE +1Lap
23. #2 シンティアム・アップル・ロータス +1Lap
24. #50 ARNAGE AMG GT3 +1Lap
25. #48 植毛GO&FUN GT-R +1Lap
26. #22 アールキューズ AMG GT3 +1Lap
27. #52 埼玉トヨペットGB マークX MC +9Laps
28. #33 エヴァRT初号機 X Works GT-R +11Laps
29. #7 D'station Vantage GT3 +19Laps

次の記事
予選13番手の24号車ヤン・マーデンボロー「決勝では必ず挽回する」

前の記事

予選13番手の24号車ヤン・マーデンボロー「決勝では必ず挽回する」

次の記事

第3戦鈴鹿GT500決勝|#36 au TOM'S LC500の関口&中嶋がポール・トゥ・ウィンを達成

第3戦鈴鹿GT500決勝|#36 au TOM'S LC500の関口&中嶋がポール・トゥ・ウィンを達成
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦:鈴鹿
サブイベント Race
執筆者 Tomohiro Yoshita