スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

6年ぶりにGT500優勝を手にした大嶋和也「本当に長かったし、ホッとした」

シェア
コメント
6年ぶりにGT500優勝を手にした大嶋和也「本当に長かったし、ホッとした」
執筆:
2019/07/01 2:47

2019スーパーGT第4戦タイ。GT500クラスで2013年最終戦以来となる優勝を飾った#6 WAKO’S 4CR LC500の大嶋和也は、ようやく勝てたと安堵の表情を見せた。

 チャーン・インターナショナル・サーキットで行われた2019スーパーGT第4戦。GT500クラスは今回もレクサス同士のトップ争いとなり、最終的に#6 WAKO’S 4CR LC500が逃げ切り、チームルマンは2013年最終戦以来となる優勝を飾った。

 長年、チームのエースとして戦ってきた大嶋和也は6年ぶりの優勝に、安堵の表情を見せた。

【リザルト】

スーパーGT第4戦タイ決勝結果

「長かったですね。すっかり勝ち方を忘れてしまっていたので、(今回の優勝で)ちょっと思い出した感じです」

「もちろん、勝てて嬉しいという気持ちもありますが、ホッとしたという気持ちが一番大きいですね」

 レース後にそう語った大嶋。実は勝てなかった6シーズンの間に11回の表彰台を経験し、そのうち7回は2位。毎回優勝に手が届きそうなところにいながら、悔しい思いをし続けてきた。前回の鈴鹿でも今季初表彰台を手にしたが、同じレクサスLC500を使うトムス勢に競り負け、レース後は全く笑顔がなかった。

 今回は予選で見事な走りを見せポールポジションからのスタートとなった6号車だが、大嶋が担当した第1スティントは決して楽な展開ではなかったという。

「思いの外、気温が高くて少し厳しかったんですけど、特にブレーキングが厳しくてなかなかペースを上げることができませんでした。でも、途中から同じか(GT300に)引っかからなければ、こっちが速いかなというかな感じでした」

「ガソリンが軽くなってきたらペースも上がったんですが、また最後の最後でタイヤがキツくなって、早めにピットに入りたいなというリクエストは伝えました。チームもすぐ準備してくれましたが、先にピットに入ったクルマに引っかかってしまったのが勿体なかったです」

 前半スティントの終盤に周回遅れに引っかかった隙を突かれ#36 au TOM’S LC500に逆転された6号車だが、ピットストップでチームが迅速な作業で送り出し逆転に成功した。

 そこでステアリングを託された山下健太は、このレースは何としても勝たなければいけないと意気込んでいたという。

「前半の大嶋選手のペースを見ていて『これは厳しくなるな……』と思っていましたが、ピットで36号車を逆転して前に出た時は、チームがすごい良い仕事をしてくれましたなと思いました」

「だから(その想いに応えるためにも)ここは本当に本気を出さなきゃいけないなと思っていきました」

 そう語った山下だが、後半スティントもトムス勢の猛追に対応していく展開となった。その中で36号車の関口雄飛、#37 KeePer TOM’S LC500のニック・キャシディに並びかけられそうになったが、山下は一歩も譲らずブロック。彼の“守らなければいけない”という気迫が感じられる走りだった。

「あれが中団グループでの争いだったら、自分も挫けて『行かしちゃってもいいかな』とか思いましたが、今回はチームのみんながここに懸けていたし、何年も勝てていなかったというのは聞いていたし知っていたので、ここに対する想いはすごく強かった。絶対に抜かれてはダメだろうと思いました」

 特にセーフティカー解除後、37号車キャシディとサイドバイサイドのバトルを展開。少々強引なところはあったが山下がなんとか抑え込み、トップを死守した。

「ニックは速くて強いのは知っているので、自分が少しでも気持ちで負けたら(前に)行かれると思っていました。なので、あそこで強い気持ちを持っていきました。(45周目のバトルでは)ちょっと強引だったかもしれませんが、何としても抑えなきゃいけない場面でした。でもちょっとぶつかったりもして、彼には申し訳ないなと思っています」

「でも、優勝できて嬉しいですし、素早いピット作業などでサポートしてくれたチームに感謝しています」

 これで35ポイントまで伸ばし、ランキングトップに浮上した6号車の大嶋/山下組。次回はウエイトハンデがさらに重くなり、ここから厳しい戦いも予想されるが、それでも大嶋は今回“勝てたこと”が大きな弾みになるだろうと語った。

「一番重くはなるのでかなり厳しくなりますが……。でも、今まで優勝できないままウエイトを積んでいて、ランキング上位にいて優勝は欲しいけど、ポイントを取れば取るほど(優勝から)離れていくという悔しい思いをしていました」

「今回は勝って、この順位(ランキングトップ)にいられるというのは、嬉しいですね」

Read Also:

次の記事
タイGT500決勝|6号車チームルマン、6年ぶり勝利。トムス勢の追撃を凌ぐ

前の記事

タイGT500決勝|6号車チームルマン、6年ぶり勝利。トムス勢の追撃を凌ぐ

次の記事

最終ラップで劇的逆転! 10号車の石川京侍「最後はいくしかなかった」

最終ラップで劇的逆転! 10号車の石川京侍「最後はいくしかなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第4戦:タイ
サブイベント Race
ドライバー 大嶋 和也 , 山下 健太
チーム Team LeMans
執筆者 Tomohiro Yoshita