スーパーGT
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
1 days
R
第8戦:もてぎ
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
43 days

ウエイトハンデ100kgで6位入賞の6号車WAKO'S LC500、ランキング首位を堅持し終盤戦へ

シェア
コメント
ウエイトハンデ100kgで6位入賞の6号車WAKO'S LC500、ランキング首位を堅持し終盤戦へ
執筆:
2019/09/10 11:47

2019スーパーGT第6戦オートポリス。#6 WAKO’S 4CR LC500は最大ウエイトを積みながらも6位入賞を果たし、GT500ランキング首位の座を堅持した。

 オートポリスで行われた2019スーパーGT第6戦。GT500クラスで6位入賞を果たした#6 WAKO’S 4CR LC500の山下健太は、チャンピオン争いを考えると悪くない結果だったと語った。

 今回、最大ウエイトの100kgを背負って臨んだ6号車。予選ではその影響も出て14番手に終わったが、決勝では天候が目まぐるしく変わる大荒れの状況の中で、堅実な走りを見せた。

 大嶋和也がスタートスティントを担当。着実な走りで順位を上げ、10番手まで浮上。34周目に山下健太にバトンタッチし、ウエットタイヤに交換した。

 レース中盤はコース上の水の量が多かったこともあり、一時は5番手まで浮上。最終ラップにスリックタイヤで追い上げていた#37 KeePer TOM’S LC500に抜かれてポジションを下げたが、6位でチェッカーを受け5ポイントを獲得した。

「レース終盤は路面がだいぶ乾いてきていたので、スリックに交換しようか迷いました。そこで自分も『スリックにするのはまだ早いんじゃないか?』と無線で言ったんですけど……結果的にはスリックタイヤを履いていた37号車が速かったので、その選択が正解だったのかもしれません。でも無難に結果を残すということで考えると、(僕たちの選択は)悪くなかったかと思います」

 そう語った山下は、今回のレースで改めて37号車の強さを再確認した様子。次回の第7戦SUGOではウエイトハンデが半分に減り、最終戦もてぎでは全車ノーウエイトとなる。同じマシンを使うライバルとガチンコ勝負ができると、山下も終盤戦のチャンピオン争いを楽しみにしている様子だった。

「今回のレースで37号車が強いのは良く分かりました。でも、僕たちも今までの流れを見ると全然負けていないと思います。あとはガチンコ勝負になっていくので……楽しみじゃないですか!」

「37号車に3位を取られて、僕たちが全然ダメだったら、ポイントも逆転されていたかもしれません。それを考えると全然悪くない結果だったと思います。SUGOのテストも調子が良かったので、まだまだいけると思います」

次の記事
未だ決まらぬタイ大会の開催契約の更新、GTA坂東代表「引き続き話し合い中」

前の記事

未だ決まらぬタイ大会の開催契約の更新、GTA坂東代表「引き続き話し合い中」

次の記事

1号車のリタイアは16号車のせいじゃなかった? 武藤英紀が状況を語る

1号車のリタイアは16号車のせいじゃなかった? 武藤英紀が状況を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦:オートポリス
ドライバー 山下 健太
執筆者 吉田知弘