スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

第7戦SUGO決勝|GT300はARTA NSX GT3が今季初V、王座獲得に大きく近づく

シェア
コメント
第7戦SUGO決勝|GT300はARTA NSX GT3が今季初V、王座獲得に大きく近づく
執筆:
2019/09/22 9:48

2019スーパーGT第7戦SUGO。GT300クラスは#55 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺)が今季初優勝を飾った。

 スポーツランドSUGOで行われたスーパーGT第7戦の決勝レースは雨模様の展開となり、レース序盤からリードを築いた#55 ARTA NSX GT3が今季初優勝を飾った。

 午前中は太陽も顔を出すほど天気は良好だったが、お昼過ぎから徐々に雲が多くなり、雨もぱらつき始め、スタート10分前になる本格的に雨が降り出した。

 これでタイヤのチョイスが難しい状況となった。GT300クラスではポールポジションの#61 SUBARU BRZ R&D SPORTと3番手の#25 HOPPY 86 MCをはじめ数台がスリックタイヤでのスタートを選択した。

 結局、セーフティカー先導でレース開始となることが宣言された。週末初めてとなるウエットコンディションの中で、各車が慎重にスタートを切った。

 4周目に入ったところでセーフティカーがピットに戻り本格的にレースがスタートするが、スリックタイヤの61号車と25号車はペースが上がらずあっという間に後退。#55 ARTA NSX GT3がトップに浮上した。

 後続も異なるタイヤを装着するマシンで混雑する中、55号車の高木真一が一気にペースを上げ後続に対し10秒以上の差をつけた。4番手スタートの#56 リアライズ日産自動車大学校(平峰一貴)が2番手に浮上したが、これを11周目に#4 グッドスマイル 初音ミクAMGが抜いて2番手に浮上した。

 レース20周目を過ぎると上位陣は落ち着いた展開となり55号車がトップをキープ。4号車の片岡達也が12秒差で追いかける状況となったが、ここに追い上げてきたのが今回でデビュー2戦目となる#65 LEON PYRAMID AMGの菅波冬悟。27周目に3番手に浮上し、2番手の片岡の背後に迫った。ペースとしては菅波の方が速さをみせたが、ベテランの片岡も隙を見せない走りでポジションを死守した。

 30周を過ぎて続々とドライバー交代を伴うピットストップが行われていくなか、GT500クラスの#12カルソニック IMPUL GT-Rが2コーナーでスピン。GT500クラスのトップが39周目に入るところでセーフティカーが導入された。

 ちょうど、この直前にトップ3を走る55号車、65号車、4号車が同時にピットインを完了。4番手まで浮上してきた#96 K-tunes RC F GT3はピットストップのタイミングを逸してしまった。

 トップ44周目にレースが再開されると、96号車を始めピットに入っていなかった車両が続々とピットイン。これで55号車が再びトップに返り咲いた。

 55号車は再びリードを広げたいところだったが、雨量が増え始めたところで一気にペースを上げたのは4号車だった。途中のピットストップで65号車の先行を許したものの、谷口信輝が再スタート直後に抜き返すと、55号車の福住仁嶺に接近。チャンスをうかがった。

 しかし、ここは福住も必死にこらえると、徐々にペースを掴んで谷口との差を広げ、その差を4秒にした。

 上位のポジション争いが膠着状態になったところで、光る走りを見せたのが96号車の阪口晴南。ピットストップを終えて5番手でレース後半を迎えると、雨量が強くなっていく中で周りより2秒~3秒近く速いペースで上位を追いかけた。

 阪口は68周目の4コーナーで56号車のフェネストラズに並びかけた。ただフェネストラズも一歩も引かずS字コーナーのところで両車が接触したが、阪口が意地で前に出て4番手に浮上した。そのまま65号車の蒲生尚弥も捉えて、表彰台圏内までやってきた。

 結局、最後まで堅実な走りをみせた55号車がトップチェッカーを受け、今季初優勝をマーク。福住にとってはGT300クラス初勝利となり、ホンダNSX GT3勢にとってもスーパーGTで初勝利を飾った。2位には4号車、3位には96号車が入り、ともに最終戦での逆転チャンピオンに望みをつなげた。

 これでランキングトップの55号車は獲得ポイントを61.5まで伸ばし、同2番手に上がった96号車に対して14.5ポイントの大量リードをつけて最終戦もてぎに臨むことになった。

Read Also:

次の記事
スーパーGT第7戦SUGO決勝タイム結果:CRAFTSPORTS GT-Rが今季初優勝!

前の記事

スーパーGT第7戦SUGO決勝タイム結果:CRAFTSPORTS GT-Rが今季初優勝!

次の記事

第7戦SUGO:3号車CRAFTSPORTS GT-Rが雨を制す! 圧巻の20秒差で今季初勝利

第7戦SUGO:3号車CRAFTSPORTS GT-Rが雨を制す! 圧巻の20秒差で今季初勝利
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第7戦:SUGO
執筆者 吉田知弘