スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

精一杯やるだけ! 逆転王者目指す23号車GT-Rの松田次生「良い形で締めくくりたい」

シェア
コメント
精一杯やるだけ! 逆転王者目指す23号車GT-Rの松田次生「良い形で締めくくりたい」
執筆:
2019/11/01 9:41

2019年のスーパーGT第8戦、逆転チャンピオン獲得を目指す#23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生は、精一杯戦うだけだと話した。

 2019年のスーパーGTも、残すところあと1戦。GT500、GT300両クラスともチャンピオン決定がツインリンクもてぎで開催される第8戦に持ち越された。

 GT500クラスチャンピオン獲得の可能性が残るのは3台。#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太)が#37 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)を7ポイントリード。ランキング3番手の#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、20.5点のビハインドとなっている。

 23号車がタイトルを獲得するためには、ポール・トゥ・ウィンの達成が必須。その上で6号車がノーポイント、37号車が5位以下になるという、非常に厳しい条件を満たす必要がある。

 搬入日の1日(金)、いつものようにクインタレッリとともにピットストップ練習をこなした松田。変に気負う様子もなく、やるべきことはシンプルに“ポール・トゥ・ウィンを目指すだけだ”と語り、自信をのぞかせた。

「走ってみないと(状況は)分からないですし、他のチームも精一杯戦ってくると思うので、そう簡単ではありません。ですが、僕たちも準備はしっかりとしてきたので、大丈夫だと思います」

「予選が大事になると思います。あとはもうやれることをやるだけですね。行くしかないです」

 通常、23号車のリヤウイング翼端板には開催地に合わせたイラストが描かれファンを楽しませているが、今回は松田とクインタレッリの顔写真が入った”特別仕様”。応援してくれるファンなどへの感謝が表現されている。

 また2020年には、DTMとの共通技術規則”Class1”に基づいた新型車両が導入される。11月末には富士スピードウェイで『スーパーGT×DTM特別交流戦』が行われるとはいえ、今回のレースは現行車両にとってもシリーズ最終戦となる。

 松田は、現行車両での”特別な”レースを精一杯戦い、良い形で終えたいと話した。

「このGT-Rで優勝を重ねることもできました。昨年はチャンピオン争いに残れませんでしたけど、今年は最後まで残れています。結果がどうであれ、最後を良い形で締めくくりたいと思います」

Read Also:

次の記事
DTMのベルガー代表「日本メーカーのDTMフル参戦に期待するのは時期尚早」

前の記事

DTMのベルガー代表「日本メーカーのDTMフル参戦に期待するのは時期尚早」

次の記事

「タイトルを獲りたい!」脇阪寿一監督、最終決戦を前に心境を語る

「タイトルを獲りたい!」脇阪寿一監督、最終決戦を前に心境を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦:もてぎ
執筆者 松本 和己