スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

第8戦GT300予選:マクラーレン720Sが初ポール獲得! ランク首位の55号車は5番手

シェア
コメント
第8戦GT300予選:マクラーレン720Sが初ポール獲得! ランク首位の55号車は5番手
執筆:
2019/11/02 7:33

2019スーパーGT第8戦もてぎ。GT300クラスの公式予選は#720 McLaren 720S(荒聖治/アレックス・パロウ)がポールポジションを獲得した。

 ツインリンクもてぎで行われている2019スーパーGT第8戦のGT300クラス公式予選は、#720 McLaren 720S(荒聖治/アレックス・パロウ)がコースレコードを塗り替える速さで初のポールポジションを獲得した。

 朝から晴天に恵まれているツインリンクもてぎは、11月とは思えないほどの陽気となり、気温19度、路面温度25度の中でQ1が始まった。

 各車が続々とタイムアタックを行っていく中、まず速さをみせたのが#11 GAINER TANAX GT-R。安田裕信が1分46秒601をマークしトップに躍り出ると、そこに#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)が1分46秒633で続き、デビュー3戦目となる菅波冬悟がドライブする#65 LEON PYRAMID AMGが1分46秒660で3番手でQ1を終えた。

 これに対し午前中の公式練習でトップタイムだった#55 ARTA NSX GT3は高木真一がアタックを担当。1分47秒157をマークし、14番手だがQ2進出を果たした。一方、14.5ポイント差で55号車を追いかける#96 K-tunes RC F GT3は新田守男がアタック。しかし好ペースで走っていた中で、最終コーナーで痛恨のスピンを喫してしまった。何とか再スタートを切って再びタイムアタックを行ったが、Q2進出に0.046秒届かず17番手でQ1脱落となってしまった。一方ランキング3番手の#4 グッドスマイル初音ミクAMGは13番手、ランキング4番手の#56 リアライズ日産自動車大学校GT-Rは9番手でQ1を突破した。

 続くQ2も、グリーンシグナルとともに各車続々とコースイン。入念にタイヤを温めてタイムアタックを行った。

 まず好タイムを出したのが#33 エヴァRT 初号機X Works GT-R(ショーン・トン)で、1分46秒399をマークした。その後、チャンピオンに王手をかけている#55 ARTA NSX GT3の福住仁嶺が1分46秒304でトップに躍り出たが、Q1でもトップだった#11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸)が1分46秒166でトップタイムを更新した。

 これをさらに上回るタイムで周回してきたのが、#720 McLaren 720Sのアレックス・パロウ。従来のコースレコードを塗り替える1分45秒907を叩き出した。これに今季全日本F3選手権でチャンピオンを獲得したサッシャ・フェネストラズ(#56 リアライズ日産自動車大学校GT-R)も区間タイムで肉薄したが、0.126秒届かず2番手となった。

 ここでチェッカーフラッグとなり、720号車が初のポールポジションを獲得した。2番手には56号車、3番手には65号車が続いた。ランキングトップの55号車は5番手で決勝レースを迎える。

 パロウはカテゴリーこそ違うものの、前週のスーパーフォーミュラ最終戦に続いて2週連続でポールポジションを獲得。パルクフェルメでマシンを降りると一目散でピットに戻り、荒聖治と喜びを分かち合っていた。

Read Also:

次の記事
【予選タイム結果】スーパーGT第8戦もてぎ:au TOM’S LC500がPP。6号車が2番手

前の記事

【予選タイム結果】スーパーGT第8戦もてぎ:au TOM’S LC500がPP。6号車が2番手

次の記事

スーパーGT第8戦もてぎ:36号車au TOM’SがPP、ランク首位の6号車WAKO’Sが2番手!

スーパーGT第8戦もてぎ:36号車au TOM’SがPP、ランク首位の6号車WAKO’Sが2番手!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦:もてぎ
執筆者 吉田知弘