スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

ライバルの先行許した37号車の平川亮「どう転ぶか分からないが”何か”したい」

シェア
コメント
ライバルの先行許した37号車の平川亮「どう転ぶか分からないが”何か”したい」
執筆:
2019/11/02 12:54

2019スーパーGT第8戦もてぎ。GT500クラスで予選4番手となった#37 KeePer TOM’S LC500の平川亮は、決勝では何としてもライバルの#6 WAKO’S 4CR LC500の前に出たいと語った。

 ツインリンクもてぎで行われている2019スーパーGT第8戦もてぎ。逆転チャンピオンを狙う#37 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)だったが、予選4番手となりポイントリーダーの#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/山下健太)に先行を許す結果となってしまった。

 午前中の公式練習から好タイムを出していた37号車だが、全体的にオーバーステアに悩まされていたとのこと。Q1を担当した平川は、そんな中でも2番手タイムをマークしてQ2のキャシディにつないだ。

「Q1も状況としては厳しいものでした。失敗したらQ1を落ちる可能性もありました。バランスもそんなに良くなかったし、自分としてもプレッシャーはあったかなと思います。全体的にみると、僕たちはちょっと周りと比べて突出していなかったというか、平均的な感じの予選でした」と、平川は振り返った。

 Q1での症状をある程度改善して臨んだQ2。キャシディとしても悪くないアタックをしたが、結果は4番手。アタックの内容というよりも、6号車より後ろのグリッドになってしまったことに平川も悔しさを感じていた。

「セクター1は速かったので行けるかなと思いました。36号車に前に行かれたのは仕方ないかなと思いますが、6号車と23号車に先行されたのは、ちょっと残念でした。でも、ニックの走りに不満があるわけではありません。順位というところで悔しい部分がありました」

 決勝レースでは6号車を何としても逆転しなければいけない37号車。予選日の段階では厳しいポジションになってしまったが、平川は後悔のないように様々なチャンスを使って逆転を狙いたいと意気込みをみせた。

「明日は通常より短いレース(250km)でゴールしなければいけないです。その中で6号車を抜かなければいけないし、大事なのはピットストップだと思います。そこで(6号車の)前に出るような良い作業をして、しっかりアウトラップで踏ん張らないといけないです。大きなチャンスはそこだと思っていますし、あとはGT300が絡むと何かが起きると思います」

「どちらに転ぶか分かりませんが、何かやりたいですね。何もやらないまま終わるのは悔いが残るので、精一杯やりたいです。仮にニックが精一杯やって何か起きても僕は責めたりはしません。チーム全員で獲りにいくという想いでいきたいです」

Read Also:

次の記事
23号車ニスモ、逆転Vの夢潰える……クインタレッリ、ポール逸したミスを悔やむ

前の記事

23号車ニスモ、逆転Vの夢潰える……クインタレッリ、ポール逸したミスを悔やむ

次の記事

予選2番手も笑顔なし、6号車の山下健太「悔しいアタック内容だった」

予選2番手も笑顔なし、6号車の山下健太「悔しいアタック内容だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦:もてぎ
ドライバー 平川 亮
チーム TOM'S
執筆者 吉田知弘