スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

2年連続で“あと一歩及ばず”。37号車の平川亮「この悔しさは言葉にできない」

シェア
コメント
2年連続で“あと一歩及ばず”。37号車の平川亮「この悔しさは言葉にできない」
執筆:
2019/11/05 8:16

2019スーパーGT第8戦もてぎ。今季初優勝を飾った#37 KeePer TOM’S LC500だが、チャンピオンを逃したこともあり、平川亮とニック・キャシディに笑顔はなかった。

 モータースポーツの世界では歓喜する勝者が誕生する一方、その裏には悔しい想いをする敗者が必ずいる。今年もタイトル争いという点では敗者となった#37KeePer TOM’S LC500の平川亮は、昨年にも増して悔しそうな表情を見せた。

 4番手グリッドからスタートした#37 KeePer TOM’S LC500はニック・キャシディがスタートを担当。1周目からアグレッシブな走りを披露し、3コーナーではチャンピオンを争うライバルである#6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也)を捉えることに成功した。

「僕たちと6号車は選択したタイヤが全く一緒だったので、ウォームアップの部分でも差がなかったと思う。ただ、スーパーGTでは冷えた状態のタイヤでも攻めていくことができるのが僕の強みだと思っている。また今シーズンを振り返っても同じようなシチュエーションで6号車を追い抜くことが何度かできていたから自信はあった」

 そう語ったキャシディは前半スティントで2番手まで浮上。19周目にピットインし、平川に交代した。

「ピットアウトしてからは思うようにペースを上げられませんでした。特に36号車の真後ろにずっといたせいか、フロントタイヤ(のグリップ)がキツかったです。トップに立ってからは順調に走ることができました」

 そう自身のスティントを振り返った平川。32周目に#36 au TOM’S LC500を抜いてトップに躍り出ると、そのまま後続を引き離して今季初優勝を飾ったが、#6 WAKO’S 4CR LC500の大嶋和也/山下健太組が2位に入ったことで、今年もチャンピオン争いで敗れることとなった。

 パルクフェルメに戻りマシンを降りた平川だが、笑顔は全くなかった。

「結果的には優勝できましたけど、チャンピオンを逃したことが悔しいというか……うまく言葉にできません」

 レース後の記者会見でも、発する言葉数が珍しく少なかった平川。昨年もRAYBRIG NSX-GTとの一騎打ちに敗れドライバーズランキング2位に終わったのだが、その時と同じく言葉に言い表せないほどの想いがあったに違いない。特に今年はシーズンを通してコツコツとポイントを積み重ね、6号車を追い詰めていただけに、昨年以上に悔しさが込み上げてきている様子だった。

 同じくチームメイトのキャシディも、記者会見では“言葉少なめ”という印象だった。

「本当に難しいレースだった。今回は4番手からのスタートになったけど、僕たちより前にいるクルマはみんな速い。その中でどのタイミングでピットインするか、というのが一番重要だったけど、そこに関してはうまくいったと思う。トータルで言えることは、僕たちのクルマが今回一番の速さを見せられたと思う」

 スーパーGTの最終戦は毎年シリーズチャンピオンにスポットライトが当たりがち。その中で今年も最終戦のウイナーが悔しさを味わう結末となった。特に2年連続でチャンピオン獲得を目前で獲り逃がすことになった平川とキャシディ。その心境は……我々には想像できないほどの悔しさと無念さがあることは間違いないだろう。

Read Also:

次の記事
ラストレースとなったジェンソン・バトン「最後はバトルを楽しむことができた」

前の記事

ラストレースとなったジェンソン・バトン「最後はバトルを楽しむことができた」

次の記事

まさかの事態に頭の中は“はてなマーク”、平中克幸がゴール直前の状況語る

まさかの事態に頭の中は“はてなマーク”、平中克幸がゴール直前の状況語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦:もてぎ
ドライバー ニック キャシディ , 平川 亮
チーム TOM'S
執筆者 吉田知弘