2019年のスーパーGTカレンダーが発表。来季も8大会を予定

シェア
コメント
2019年のスーパーGTカレンダーが発表。来季も8大会を予定
執筆: 吉田知弘
2018/07/26 6:22

スーパーGTの2019シーズンのカレンダーが発表。来季もタイ・ブリーラムでの海外戦を含め全8戦で争われる。

 株式会社GTアソシエイションは7月26日、2019シーズンのスーパーGTカレンダーを発表した。国内6サーキット7大会に加え、タイ・ブリーラムでの海外戦を含め、合計8戦で争われる。

 2019シーズンも、例年同様に開幕戦は岡山国際サーキットが舞台。しかし、例年より1週間遅い4月13日〜14日という日程となっている。最終戦も例年と変わらずツインリンクもてぎで11月9日〜10日の開催を予定している。

 今年は多くのチーム、ドライバーが兼務しているスーパーフォーミュラとの連続開催が多く、過密日程の問題が浮上したが、それを調整した結果なのか、ほとんどの大会開催日が今年と比べて1~2週間ずれている。大きな変更点としては、今年第7戦として10月に開催予定のオートポリスが9月7日〜8日の第6戦に移動、スポーツランドSUGOが第7戦となった。

 唯一の海外ラウンドであるタイ大会は、来季もブリーラムのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催。シリーズ第4戦として6月29日、30日に予定されている。

 また来年はドイツツーリングカー選手権との交流戦をヨーロッパで1戦、日本で1戦を予定しているが、その日程については明らかにされなかった。

 なお、GTAが今回発表したカレンダーは現在JAFとFIAに申請中のものであり、世界選手権の開催日程も加味しながら、カレンダーを再度調整される可能性もあるという。

 最終的にカレンダーの調整が落ち着くのは今シーズン末ごろになりそうだ。

【2019スーパーGTカレンダー(JAF、FIA申請中)】

第1戦:岡山国際サーキット(4月13日~14日)
第2戦:富士スピードウェイ(5月3日~4日)
第3戦:鈴鹿サーキット(5月25日~26日)
第4戦:チャーン・インターナショナル・サーキット(6月29日~30日)
第5戦:富士スピードウェイ(8月3日~4日)
第6戦:オートポリス(9月7日~8日)
第7戦:スポーツランドSUGO(9月21日~22日)
第8戦:ツインリンクもてぎ(11月9日~10日)

次の スーパーGT ニュース
大津弘樹「S耐で経験したことが、スーパーGTに役立っている」

前の記事

大津弘樹「S耐で経験したことが、スーパーGTに役立っている」

次の記事

インディ参戦も視野!? フォーミュラカーレース再挑戦も熱望する大津弘樹

インディ参戦も視野!? フォーミュラカーレース再挑戦も熱望する大津弘樹
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース