スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

スーパーGT×DTM特別交流戦レース1予選:キャシディがPP。デュバル2番手

シェア
コメント
スーパーGT×DTM特別交流戦レース1予選:キャシディがPP。デュバル2番手
執筆:
2019/11/23 2:32

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース1予選が行なわれ、ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)がポールポジションを獲得した。

 富士スピードウェイで行なわれている『スーパーGT×DTM特別交流戦』。土曜日のレース1予選が行なわれ、ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)がポールポジションを獲得した。

 23日(土)の午前9時25分から、20分間で争われたレース1予選。富士スピードウェイは気温13度、路面温度12度。上空は雨雲に覆われ、セッション開始直前に雨量が多くなり、その後も断続的に雨が降る難しいコンディションとなった。

 セッションがスタートすると、フリー走行で大クラッシュを喫した#16 MOTUL MUGEN NSX-GTも含め、全車がコースへ向かった。なお、16号車は車両交換によりレース1、2ともに5グリッド降格となることが、公式通知No. 21で公示された。

 各車、周回を重ねながら徐々にタイムアップ。セッション開始から5分が経つと、1分45秒を切るラップタイムが出始め、目まぐるしくオーダーが入れ替わっていった。

 中でも、ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)は1分41秒827をマークし、トップに浮上。2番手にはロイック・デュバル(#28 BMC Airfilter Audi RS 5 DTM)がつけた。山本尚貴(#1 RAYBRIG NSX-GT)は、金曜日のフリー走行では苦しんでいたものの、ここでは3番手につけた。

 DTM王者のレネ・ラスト(#33 Audi Sport RS 5 DTM)は16番手。BMW勢のトップは小林可夢偉(#00 BMW M4 DTM)で、10番手となった。

 セッション折り返しを前に、多くのマシンがピットイン。タイヤの空気圧を調整するチームや、新しいタイヤに交換するチームなど判断が分かれた。

 残り時間が5分を切ると、各車がアタックに突入。マイク・ロッケンフェラー(#99 Akrapovic Audi RS 5 DTM)が4番手に浮上する一方、ラストがダンロップコーナーでタイヤをロックさせる場面もあった。

 スーパーGT勢もタイムアップ。ロニー・クインタレッリ(#23 MOTUL AUTECH GT-R)は1分42秒358をマークし、21番手から4番手まで一気にジャンプアップして見せた。

 しかし、キャシディがセッション前半に記録したトップタイムを脅かすものはおらず、セッション終了。マシンを降りたキャシディは、3番手となった山本と握手を交わし笑顔を見せた。

 DTM勢トップはデュバルの2番手。2010年まで参戦していたスーパーGTに”帰ってくる”形となった彼が、フロントロウを獲得した。アウディの中ではロッケンフェラーも5番手と上位に食い込んだが、DTM王者のラストは14番手だった。ブノワ・トレルイエ(#21 Audi Sport Japan RS 5 DTM)は16番手となっている。

 BMW勢は苦戦気味で、小林可夢偉の18番手が最上位。マルコ・ヴィットマン(#11 BMW M4 DTM)が19番手、アレッサンドロ・ザナルディ(#4 BMW M4 DTM)が22番手だった。

Read Also:

【リザルト】スーパーGT×DTM特別交流戦:レース1予選

1. ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)/1'41.827
2. ロイック・デュバル(#28 BMC Airfilter Audi RS 5 DTM)/1'42.158
3. 山本尚貴(#1 RAYBRIG NSX-GT)/1'42.215
4. ロニー・クインタレッリ(#23 MOTUL AUTECH GT-R)/1'42.358
5. マイク・ロッケンフェラー(#99 Akrapovic Audi RS 5 DTM)/1'42.527
6. 塚越広大(#17 KEIHIN NSX-GT)/1'42.609
7. ヤン・マーデンボロー(#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R)/1'42.724
8. フレデリック・マコヴィッキィ(#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R)/1'42.785
9. 坪井翔(#19 WedsSport ADVAN LC500)/1'42.810
10. 関口雄飛(#36 au TOM’S LC500)/1'42.887
11. 山下健太(#6 WAKO’S 4CR LC500)/1'42.927
12. 佐々木大樹(#12 カルソニック IMPUL GT-R)/1'43.064
13. 伊沢拓也(#8 ARTA NSX-GT)/1'43.121
14. レネ・ラスト(#33 Audi Sport RS 5 DTM)/1'43.387
15. 立川祐路(#38 ZENT CERUMO LC500)/1'43.412
16. ブノワ・トレルイエ(#21 Audi Sport Japan RS 5 DTM)/1'43.447
17. 中山雄一(#39 DENSO KOBELCO SARD LC500)/1'43.583
18. 小林可夢偉(#00 BMW M4 DTM)/1'43.667
19. マルコ・ヴィットマン(#11 BMW M4 DTM)/1'43.707
20. 牧野任祐(#64 Modulo Epson NSX-GT)/1'43.936
21. 武藤英紀(#16 MOTUL MUGEN NSX-GT)/1'44.637
22. アレッサンドロ・ザナルディ(#4 BMW M4 DTM)/1'45.211

次の記事
古巣“SGT勢”と戦うデュバル「ここは日本勢のテリトリーだから簡単にはいかないだろう」

前の記事

古巣“SGT勢”と戦うデュバル「ここは日本勢のテリトリーだから簡単にはいかないだろう」

次の記事

SGTとは違うローリングスタートに注目! 特別交流戦では“インディ方式”を採用

SGTとは違うローリングスタートに注目! 特別交流戦では“インディ方式”を採用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM , スーパーGT
イベント SUPER GT x DTM 特別交流戦
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 松本 和己