2019スーパーGT年間エントリー発表、GT500は15台、GT300は29台が参戦予定

シェア
コメント
2019スーパーGT年間エントリー発表、GT500は15台、GT300は29台が参戦予定
執筆:
2019/02/25 9:07

スーパーGTの2019年エントリーリストが公開された。

 2019シーズンのスーパーGT年間エントリーリストが発表された。GT300クラスでは一部「TBN(未定)」となっている部分があるが、今年も合計44台で争われることとなる。

 GT500クラスは15台がエントリー。ドライバーラインアップに関しては、すでにホンダ、レクサス、日産からすでに発表されている通りとなっている。ただ高星明誠/ヤン・マーデンボロー組のKONDO RACINGのみ車両名がTBNとなっている。

 一方、GT300クラスは29台がエントリー。アイカーズ、CarGuy Racing、TEAM TAISANの姿がない。その一方でマクラーレン・カスタマー・レーシング、KONDO RACING、X Worksが新しく参入。48号車は昨年までDIJON Racingとして参戦していたが、今年はNILZZ Racingとして参戦するようだ。

 GT300も大半のチームがドライバーラインアップを明らかにしているが、まだJLOCの2台とTEAM MACH、Panther arto Team Thailandのドライバーが未定となっている。

→スーパーGT2019年エントリーリスト(2月25日時点)

次の記事
キャシディ、スーパーGTを語る……「GRスープラが速いことを期待」

前の記事

キャシディ、スーパーGTを語る……「GRスープラが速いことを期待」

次の記事

2019年スーパーGT年間エントリーリスト

2019年スーパーGT年間エントリーリスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘
まずは最新ニュースを読む