平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ

シェア
コメント
平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ
執筆:
2019/12/28 7:22

2019年はGT300クラスで活躍した平峰一貴が、ニッサン陣営のGT500ドライバー候補のひとりに挙がっていることが分かった。

 様々な噂や憶測が飛び交う2020年のスーパーGT(GT500)ストーブリーグ。motorsport.com 日本版では今月中旬に各陣営に関する情報や噂などをまとめたが、この年末にかけて新たな動きが出てきている。

Read Also:

ニッサン:平峰一貴がGT500ドライバー候補に浮上した模様

 特に動きがあるのはニッサン勢で、12月中旬の段階では見えてこなかった詳細が少しずつ明らかになってきた。

 当初はロイック・デュバルやルーカス・アウアーが新たに加入するのではないかという噂があったが、ふたりともニッサン入りは実現しなさそうだ。アウアーはBMWと契約し2020年はDTMに参戦することを発表。デュバルも『スーパーGT×DTM特別交流戦』のあたりで交渉はしていたようだが、今の段階ではスーパーGT復帰の可能性はなさそうだ。

 当初はNDDP Racing with B-Max(3号車)の平手晃平とNISMO(23号車)の松田次生が入れ替わるという噂があったが、最終的に変更はなく2019年と同じチームで2020年も戦うことになりそうだ。

 一方、ジェームス・ロシターはニッサン陣営残留の可能性が少なくなり始めているようだ。彼の動向については様々な噂が飛び交い、TEAM IMPUL(12号車)に残留するという説もあれば、3号車に加入するのではないかという噂もあるが、この年末にかけて“離脱する方向”という話が聞こえてきた。

 もしロシターが離脱するとなるとフレデリック・マコヴィッキィも加えて、ふたりのドライバーがニッサン陣営から離れることになる。その後任の候補として挙がっているのが千代勝正だ。12月中旬ごろの情報では12号車入りの可能性が高いと言われていたが、ここにきて3号車入りが有力になっているようだ。

 そして、もうひとりの候補として今季GT300クラスの#56 リアライズ日産自動車大学校GT-Rで活躍した平峰一貴の名前が急浮上してきた。ニッサンは毎年12月に翌シーズンに向けたドライバーオーディションを兼ねたテストを行なうのだが、そこに平峰が参加したという噂がある。テストの詳細については全く情報は入ってきていないのだが、さまざまな関係者の発言をまとめると彼のGT500ステップアップという可能性は少なくない模様。どうやら12号車が加入先の候補となっているようだ。

トヨタ:39号車サードに“サプライズ”あり?

 GRスープラを導入するトヨタ陣営は、ドライバーラインアップの調整は各チームとも最終段階に来ているようだが、ひとつ気になる情報が入ってきた。TEAM SARDの39号車に何やら“サプライズ”があるというのだ。ドライバーに関しては今年同様にヘイキ・コバライネンと中山雄一のコンビで変更はなさそうだが、それ以外のチーム体制の部分で何かしらの動きがある模様。一部ではチーム監督が変わるという噂も耳にしたが、現時点で詳細な情報は入ってきていない。

ホンダ:16号車と64号車のシート争いが焦点

 ホンダ勢はTEAM MUGENの16号車とNAKAJIMA RACINGの64号車のシート争いが佳境を迎えているようだ。16号車では松下信治が日本に帰ってくるのか? 64号車に関してはナレイン・カーティケヤンの残留はあるのか? が焦点となっている。これに関しては12月中旬以降は新しい情報が入ってきておらず、今も様々な噂や憶測が飛び交っている状態だ。

 ホンダ陣営は1月10日の東京オートサロンで2020年の国内モータースポーツ体制発表を行なうこととなっている。最終的な結論はそこで出ることになるだろう。

【2020スーパーGT GT500クラス ラインアップ予想(2019年12月27日時点)】

※motorsport.com日本版 調べ

◎=濃厚、◯=有力、△=候補、▲=微妙、?=噂

ホンダ
#8 ARTA
◎野尻智紀、◯福住仁嶺
#16 MUGEN
◯武藤英紀、△伊沢拓也、▲松下信治
#17 REAL
◎塚越広大、◎ベルトラン・バケット
#64 NAKAJIMA
△大津弘樹、△伊沢拓也、▲ナレイン・カーティケヤン
#100 KUNIMITSU
◎山本尚貴、◯牧野任祐

トヨタ
#? CERUMO
◎大嶋和也、◯坪井翔
#19 BANDOH
◯国本雄資、◯宮田莉朋
#36 TOM’S
◎関口雄飛、◎サッシャ・フェネストラズ
#37 TOM’S
◎平川亮、◎ニック・キャシディ
#38 CERUMO
◎立川祐路、◎石浦宏明
#39 SARD
◎ヘイキ・コバライネン、◎中山雄一

ニッサン
#3 NDDP Racing with B-Max
◯平手晃平、△千代勝正、?ジェームス・ロシター
#12 IMPUL
◎佐々木大樹、▲千代勝正、▲ジェームス・ロシター、?平峰一貴
#23 NISMO
◎ロニークインタレッリ、◯松田次生
#24 KONDO
◎高星明誠、◎ヤン・マーデンボロー

Read Also:

次の記事
「毎回のアップデートが面白かった!」GT500王者の山下健太を育てた25号車MCの魅力とは

前の記事

「毎回のアップデートが面白かった!」GT500王者の山下健太を育てた25号車MCの魅力とは

次の記事

25号車MCと成長した5年間……松井孝允「このクルマがあったから今の自分がある」

25号車MCと成長した5年間……松井孝允「このクルマがあったから今の自分がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘