スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
1 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
22 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
36 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
57 days

SGT第1戦富士|GT300もGR Supraが優勝、埼玉トヨペットGBがチーム初V

シェア
コメント
SGT第1戦富士|GT300もGR Supraが優勝、埼玉トヨペットGBがチーム初V
執筆:

2020スーパーGT第1戦富士。GT300クラスは#52 埼玉トヨペット GB GR Supraがチーム初優勝を飾った。

 富士スピードウェイで行なわれた2020年のスーパーGT第1戦。GT300クラスは#52 埼玉トヨペット GB GR Supraがタイヤ無交換作戦を成功させて優勝。GT500クラス同様、GT300クラスもGR Supraがレースを制した。

Read Also:

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催となった今季のスーパーGT開幕戦。午前の公式予選からは前日とは打って変わり、気温26℃、路面温度39℃とかなり暑いコンディションとなった。

 GT300クラスはポールポジションの#65 LEON PYRAMMID AMG(菅波冬悟)を先頭にスタートが切られ1コーナーを通過していったが、2番手スタートの#11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信)が2コーナーを立ち上がったところでトップに浮上した。それとほぼ同じタイミングでGT500クラスの#12 カルソニック IMPUL GT-Rと#64 Modulo NSX-GTのアクシデントが発生し、1周目からセーフティカーが導入されることになった。

 6周目にレースが再開されたが、9周目に#88 JLOC ランボルギーニ GT3と#87 T-DASH ランボルギーニ GT3に相次いでタイヤトラブルが発生。早くも波乱含みの展開となった。

 トップバトルは安田と菅波の争いが続いていたが、52号車の川合が接近し3台によるトップ争いが白熱した。中でも積極的仕掛けていったのは菅波で、数周にわたって攻め続け15周目の1コーナーでついにトップを奪い返した。安田は背後にいた川合にも抜かれてしまい、3番手に後退。そこからは菅波と川合が1秒前後でバトルをするマッチレースとなった。

 一方、後方では22番手スタートだった#55 ARTA NSX GT3が大きく順位を上げ18周目の時点で10番手までポジションアップしていたが、セーフティカー解除時のリスタートで違反があったとして、ドライブスルーペナルティを受けた。

 トップ争いは接近した状態が続いたが、レース中盤に入って先に動いたのは65号車。24周目にピットインし蒲生尚弥に交代した。ここでピットでのロスタイムを短縮するために左側2本のみのタイヤ交換を試みたが、左リヤの作業に手間取ってしまい大幅にタイムロス。優勝争いから脱落してしまった。これでトップに立った川合は30周目まで引っ張ってピットイン。吉田広樹に交代したが、タイヤ無交換でコースに復帰し、ライバルに対して大きなアドバンテージを得ることになった。

 レース中盤を迎えると気温30℃を超える暑さとなり、さらに今季初戦ということもあり各所でトラブルが続出した。まずは序盤から上位争いをしていた#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがトラブルのためダンロップコーナー手前でストップ。時を同じくして#25 HOPPY Porscheもタイヤトラブルのためかスロー走行を余儀なくされた。

 さらに36周目には13コーナーで#23 MOTUL AUTECH GT-Rと#360 RUNUP RIVAUX GT-Rが接触。これで360号車がスピンを喫しコース中央で動けなくなってしまい、安全確保のため2度目のセーフティカーが導入されることとなった。

 この時点で実質的にトップを走っていた52号車は、序盤からポジションを争っていた11号車に対して24秒近いリードを築いていた。しかし、セーフティカーが出動したことによりその差は一気にゼロとなってしまった。それでも43周目にレースが再開されると、吉田は冷静な走りを披露し後続との差を再び広げにかかった。

 レース後半は#56 リアライズ日産自動車大学校GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)と65号車の蒲生の4番手争いが白熱。蒲生が幾度となく仕掛けていくがオリベイラも一歩も譲らない手に汗握るバトルとなった。その2台が残り10周のところで3番手の#5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号(坂口夏月)に追いつき、3台のバトルに発展していった。

 この集団にはさらに#10 TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R(石川京侍)、#55 ARTA NSX GT3(大湯都史樹)も追いついて5台が接近した戦いとなり、最終ラップまで気の抜けないバトルが繰り広げられた。

 セーフティカーでアドバンテージを失った52号車だったが、吉田が最後までミスのない走りを披露し、トップのままでフィニッシュ。チームに初優勝をもたらすとともに、JAF-GT仕様のGR Supraのデビューウィンを飾った。2位には11号車が続いた。その後ろは最終ラップまでサイドバイサイドの争いが続いたが、坂口の5号車がポジションを守り抜き表彰台の一角を獲得した。

Read Also:

2020スーパーGT開幕戦富士|決勝レース結果

前の記事

2020スーパーGT開幕戦富士|決勝レース結果

次の記事

第1戦富士 決勝GT500|GR Supraトップ5独占! 平川/キャシディ組トムスが新車初戦優勝

第1戦富士 決勝GT500|GR Supraトップ5独占! 平川/キャシディ組トムスが新車初戦優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 吉田知弘