スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
12 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
33 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
47 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
68 days

新型コロナ対策を徹底する中で始まったSGT開幕戦は“濃霧”で始まる波乱の展開に

シェア
コメント
新型コロナ対策を徹底する中で始まったSGT開幕戦は“濃霧”で始まる波乱の展開に
執筆:

いよいよ開幕した2020シーズンのスーパーGTだが、濃霧の影響で予定より大幅に遅れて公式練習がスタート。さらに明日も悪天候の予報が出ており、早くも波乱含みの展開となっている。

 今シーズンのSUPER GTではGT500クラスにClass1規定が導入され、マシンが一新された。2005年に先代A80型スープラをベースに開発したGT500車両を退役させて以来、レクサスブランドのベース車両でSUPER GTを戦い続けてきたトヨタ陣営は、鳴り物入りでGRスープラをデビューさせる。トヨタブランドのスープラがサーキットに復活するのは実に15年ぶりのことだ。

 一方、2014年に現行NC1型NSXをベースに開発したNSX-GT(当初はNSX-GTコンセプト)をGT500クラスへ投入したホンダは、4輪駆動システムは下ろして後輪駆動としたものの昨年まではエンジンを量産モデルと同じミッドシップに配置していたが、今年はFR化という大改造を加えてきた。これは、Class1規定では参加車輛は一律FRレイアウトであることを義務づけているからで、ホンダがFRのGT500車両を走らせるのは2013年まで走ったHSV-010GT以来7年ぶりのことだ。

 日産は、昨年同様ベース車両はGT-Rではあるが、これもClass1規定に合わせて空力面を中心に全面的な設計変更を加えた新型へ進化させた。

 こうしてメーカーが初めてClass1規定の国産マシンを開発して持ち込み戦い始めるのだから、2020年シーズンには各方面から関心の目が注がれていた。しかし新型コロナウイルス蔓延に伴って緊急事態宣言が行われたためシーズン開幕は延期された。

 7月18日、無観客ながら富士スピードウェイでようやくシーズンは開幕したが、ドライバーやチームはもちろん、ファンも待ちに待った開幕戦だったはずなのに、富士スピードウェイの雰囲気はいつもの開幕戦とは大きく異なった。世の中では新型コロナウイルス騒動が収束するどころか再び感染者数が増加傾向にあるだけに、レースを運営するGTA、GTE、富士スピードウェイとも、SUPER GTから感染者を出さないよう、無観客開催に加え現場でも徹底的な感染予防策がとられたからだ。

 各チームともピット入りするスタッフの人数は最小限に制限されたばかりか全員がマスクを着用し、ピット間の往来は基本的に禁止され、無観客レースゆえ当然ながらまったく観客の姿が見えないグランドスタンドの前で、まるでテストのようにレースの準備は静かにおごそかに進んだ。

 今回は大会スケジュールが特別編成で、練習走行は土曜日の午後4時から、公式予選は日曜日の午前9時半から、決勝レースは午後3時から……という事実上のワンデーレースとして開催される。天気予報通り、週末の富士スピードウェイの上空には雨雲が垂れ込め、雨が降ったりやんだりして路面はウェットコンディションのまま、気温も上がらない。

 しかもコースオープンの時刻が近づくにつれ、雨が収まる一方富士名物の霧が降りてきてコースに立ちこめ始めた。そして午後4時、ウェット宣言、ライトオンの指示が出たまま視界不良を理由にコースオープンは延期された。

 霧は居座った。ようやくシーズンが開幕するかと思ったら土壇場でお預けを食らってしまった形だ。ようやくコースオープンになったのは17時15分。ウェット宣言は出されたままだったがディレイの間にコースはほぼ乾き、各車ドライタイヤでコースへ飛び出していった。

 日曜日は再び天候が悪化する可能性があると予想されているため、日曜午前中に予定されている公式予選がキャンセルになった場合は土曜日の公式練習で記録されたラップタイムに基づいてスターティンググリッドを決めるという公式通知が行われたので、練習走行とはいえきちんとタイムを記録しておく必要がある。本来ならばセッション終盤に予定されているクラス別占有セッションでタイムアタックを練習するところだが、コースオープンが遅れた結果、日没が迫りいつ走行が打ち切られるかもわからない状況なので、混走セッションから各車全力走行に入った。

 コースが薄暗くなった状況で18時25分からGT300、18時35分からGT500の占有走行が10分間ずつ行われた。占有セッションではまるで公式予選のようなタイムアタック合戦が展開した。観客席にファンがいれば大歓声が起きているところだった。

 公式練習の結果、GT300クラスでは加藤寛規/柳田真孝組の#2 シンティアム・アップル・ロータスがベストタイムを記録、GT500クラスではNSX-GTとGRスープラが激しく争い、山本尚貴/牧野任祐組の#100 RAYBRIG NSX-GTがベスト、野尻智紀/福住仁嶺組の#8 ARTA NSX-GTが2番手のタイムを記録した。GT-R勢は下位に沈んだ。

 公式練習終了時点で雨は上がり、コースは完全ドライコンディションとなった。当初はどうなることかと思われた開幕の走り出しではあったが、大きなトラブルもなく、練習とはいえ熱戦が繰り広げられ決勝レースへの期待は高まる。しかし肝心の日曜日、富士スピードウェイの天候は悪化するのではないかと観測されている。

Read Also:

SGT第1戦富士|濃霧により1時間15分遅れで始まった公式練習、RAYBRIG NSX-GTがトップ

前の記事

SGT第1戦富士|濃霧により1時間15分遅れで始まった公式練習、RAYBRIG NSX-GTがトップ

次の記事

公式練習の結果がもしかすると決勝グリッドに? “悪天候予報に備えた”公式通知が出される

公式練習の結果がもしかすると決勝グリッドに? “悪天候予報に備えた”公式通知が出される
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 大串 信