スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
24 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
38 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
59 days

自分もビックリの好タイム! 6号車の小高一斗「今の状況では考えられないタイムだった」

シェア
コメント
自分もビックリの好タイム! 6号車の小高一斗「今の状況では考えられないタイムだった」
執筆:

2020スーパーGT第2戦のGT300予選でポールポジションを獲得した#6 ADVICS muta MC86の阪口良平と小高一斗が予選セッションを振り返った。

 富士スピードウェイで行なわれている2020スーパーGT第2戦。GT300クラスで自身初のポールポジションを獲得した#6 ADVICS muta MC86の小高一斗は、自分でも予想以上のタイムが記録できたことに驚いている様子だった。

Read Also:

 6号車は2グループ制となったQ1のB組で出走。ここで阪口良平が3番手タイムを記録しQ2の小高にバトンをつないだ。ここまでは#2 シンティアム・アップル・ロータスが有利な流れできており、Q2でもライバルを圧倒する好タイムを早々と記録したが、GT300フル参戦1年目の小高は、それを上回る走りを披露し、逆転でポールポジションを獲得した。

 Q1を担当した阪口は、自身がセッティングを煮詰めて小高でアタックを仕掛けるという流れがうまく決まった結果だと記者会見で語った。

「開幕戦でうまく噛み合わなくて、その反省点も踏まえて持ち込みの状態からクルマの仕様を大幅に変えてきました。自分はセットアップを担当して、速さという面では(小高)一斗に任せればいいと思っていました。セットアップも時間内にある程度できたので、そのことが結果につながったと思います」

 しかし阪口も今週末は好調な走りを見せていた2号車を上回るのは難しいと考えていたようだ。

「前回も2号車が速かったのは分かっていますし同じマザーシャシー勢ということで、ひとつの目標にはしていました。正直(2号車には)届かないのかなと思っていたところはありました。そこは一斗が頑張ってくれましたね」

 そのQ2で周囲も驚くような走りをみせた小高も、自分自身で信じられないようなタイムを刻むことができたと語った。

「(2号車に対しては)勝算は正直なくて、公式練習から予選にかけて良い位置で終われたら良いかなというくらいに思っていました。予選のアタックはミスなくこなせたんですけど、アタックを終えてタイムを見たら『ビーコンが壊れているのかな?』と思うくらいで、今までのセットとかタイヤの状況を考えたら考えられないタイムが出ましね。開幕戦からクルマのセットアップに悩んでいたので、第2戦にしてポールを獲れたのは本当に嬉しいです」

 そして決勝に向けて小高は、ポールポジションスタートの利点を生かして逃げるレースをしていきたいと語った。

「前回のレースは後方に埋もれてしまって、あまり良いところを見せられませんでしたが、ペースはそんなに悪くなかったです。今回は前からスタートできるので決勝はスタートからプッシュしていって逃げ切れたらいいなと思います。頑張ります」

 一方の阪口はチーム全員でノーミス、ノートラブルを心がけるとともに、6号車が有利としている区間でしっかりタイムを稼いでいきたいと決勝に向けた意気込みを披露した。

「僕たちのクルマの速い場所とそうでない場所があると思うので、速い場所でしっかりとマージンを作って、そのまま逃げて勝ちたいなと思っています。でも、スーパーGTはそんなに甘くないと思うので、ピットワークも含めてチームみんながノーミス、ノートラブルで終えることができれば、結果がついてくると思います。全力で戦いたいです」

Read Also:

開幕戦での悔しさが原動力に……野尻智紀「みんなで細かいところまで突き詰めて臨んだ」

前の記事

開幕戦での悔しさが原動力に……野尻智紀「みんなで細かいところまで突き詰めて臨んだ」

次の記事

わずかにポールに届かず……55号車の大湯都史樹「予選は惜しかったけど決勝には自信ある」

わずかにポールに届かず……55号車の大湯都史樹「予選は惜しかったけど決勝には自信ある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦 富士
執筆者 吉田知弘