スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
28 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
42 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
63 days

わずかにポールに届かず……55号車の大湯都史樹「予選は惜しかったけど決勝には自信ある」

シェア
コメント
わずかにポールに届かず……55号車の大湯都史樹「予選は惜しかったけど決勝には自信ある」
執筆:

2020スーパーGT第2戦。GT300クラスで予選2番手となった#55 ARTA NSX GT3の大湯都史樹は決勝での逆転を見据えている。

 富士スピードウェイで行なわれている2020スーパーGT第2戦富士。GT300クラスで惜しくも予選2番手に終わった#55 ARTA NSX GT3の大湯都史樹は、悔しい表情をみせつつも、決勝に向けては自信があると語った。

 今季スーパーGTデビューを果たした大湯は、昨年のGT300チャンピオンチームである55号車に加入。予選Q2ではアグレシッブな走りをみせたが、最終的に#6 ADVICS muta MC86に0.1秒届かず2番手に終わった。

 予選を終えた大湯は「惜しかったですね。本当あとちょっとでした……」と開口一番。実は開幕戦はQ1で55号車はQ1で敗退したこともあり、大湯にとっては今回がスーパーGTで初めての予選アタックだった。ポールポジションを獲得できず悔しい表情を見せつつも、自身としては悔いのないアタックはできたという。

「(今季からスーパーGTデビューですが)チームにも馴染めていますし、GTのレースウィークにも慣れてきました。ただ開幕戦はQ1で敗退してしまったこともあって、今回が僕にとっては初めての予選アタックでした」

「結構緊張しましたが、予選に関しては僕自身もフルプッシュでやり切ったので悔いはないです。ただタイム差も近かったですし、ポールを獲った小高選手も同じ(GT300の)ルーキーで世代的にも一緒なので、彼にとられてしまったのは正直悔しいところはあります」

 しかしチームは第2戦に向けて決勝に重点を置いたセッティングを用意してきており、大湯も決勝での逆転に自信を持っている様子。それでも今週末の走り出しから速さをみせているマザーシャシー勢のパフォーマンスを警戒していた。

「僕たちはどちらかというと予選よりも決勝に重点を置いているので、この予選でポールを獲れなかったからといって、そこまで落ち込むことはないかなと思います」

「ただ今回は非常にマザーシャシーが速いですね。彼らが予選で上位に来たところを見ると、決勝も何か手を持っているんじゃないかなと思っています。そこに対してどう戦っていくか……ですね」

「今回の予選もすごく僅差でしたし、他のチームを見ていると決勝にも自信がありそうなので、そう考えると早めに仕掛けて逃げ切っていくというのが理想的かなと思います。そして出来ることなら優勝したいなと思っています」

Read Also:

自分もビックリの好タイム! 6号車の小高一斗「今の状況では考えられないタイムだった」

前の記事

自分もビックリの好タイム! 6号車の小高一斗「今の状況では考えられないタイムだった」

次の記事

予選5番手も手応え十分、23号車の松田次生「決勝は暑いコンディションになってほしい」

予選5番手も手応え十分、23号車の松田次生「決勝は暑いコンディションになってほしい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦 富士
執筆者 吉田知弘