SGT第5戦富士|GT300クラスQ1組み分け一覧、GT-R勢がA組に固まる

2020スーパーGT第5戦富士のGT300クラスQ1は日産GT-R GT3勢がA組に固まった。

SGT第5戦富士|GT300クラスQ1組み分け一覧、GT-R勢がA組に固まる

 富士スピードウェイで行なわれている2020年のスーパーGT第5戦では、GT300クラスのQ1で2グループ制が導入される。その組み分けリストが同シリーズ公式サイトで発表されている。

 今シーズンの前半は併催レースがない状況下で時間に余裕があるということで、各チームのテレビ露出の機会も増やす意味合いも含めてGT300クラスのQ1を2グループに分けて実施するルールが導入されていた。今回はFIA F4がサポートレースとして追加されたが、GT300のQ1はこれまでと同様に2グループ制が導入される。その詳細は以下の通りとなっている。

 今回はランキング首位の#11 GAINER TANAX GT-Rをはじめ、今季好調のGT-R GT3勢がA組に固まっているのが特徴だ。

2020スーパーGT第5戦富士:予選Q1 GT300クラス組分け

<A組>
#11 GAINER
#2 Cars Tokai Dream28
#52 埼玉トヨペット Green Brave
#56 KONDO RACING
#10 GAINER
#5 TEAM MACH
#34 Modulo Drago CORSE
#96 K-tunes Racing
#31 apr
#9 PACIFIC - D’station Racing
#244 Max Racing
#48 NILZZ Racing
#30 apr
#360 TOMEI SPORTS
#87 JLOC

<B組>
#65 K2 R&D LEON RACING
#61 R&D SPORT
#55 ARTA
#18 TEAM UPGARAGE
#88 JLOC
#21 Audi Team Hitotsuyama
#4 GOODSMILE RACING & Team UKYO
#25 HOPPY team TSUCHIYA
#6 ADVICS muta Racing NGING
#60 LM corsa
#50 Arnage Racing
#7 BMW Team Studie × CSL
#33 X Works
#35 arto Ping An Team Thailand

Read Also:

シェア
コメント
SGT第5戦富士|公式練習は12号車カルソニックGT-Rがトップ、3メーカーが上位分け合う

前の記事

SGT第5戦富士|公式練習は12号車カルソニックGT-Rがトップ、3メーカーが上位分け合う

次の記事

「終盤2大会を全部勝つ勢いでいかないと……」100号車RAYBRIGの山本が後半戦への展望語る

「終盤2大会を全部勝つ勢いでいかないと……」100号車RAYBRIGの山本が後半戦への展望語る
コメントを読み込む