【スーパーGT】絶妙なピット戦略で劇的勝利! 2号車mutaがメカニックの功績称える『ZFアワード』受賞

2021年スーパーGT第4戦のGT300クラスを制した2号車muta Racing Lotus MCの面々は、スーパーGTにおけるメカニックの活躍を称える『ZFアワード』を受賞した。

【スーパーGT】絶妙なピット戦略で劇的勝利! 2号車mutaがメカニックの功績称える『ZFアワード』受賞

 スーパーGTのレースにおいて最も顕著な活躍を見せたメカニックを称える『ZFアワード』の、2021年第4戦もてぎにおける受賞者が発表。GT300クラスで優勝した2号車muta Racing Lotus MCのメカニックたちに同賞が与えられた。

 2014年にスタートしたZFアワードはこれまで、GT300を中心に様々なチームが受賞してきた。昨年は、学生メカニックを束ねて見事シリーズタイトルを獲得した56号車リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが“シリーズ賞”に輝いた。

 今回2号車は17番手からのスタートとなりながらも、各車がルーティンのピットストップを済ませる中ステイアウトを続けて首位に浮上。FCY(フルコースイエロー)が発出されてピットレーン入口がクローズとなる直前のタイミングでピットインしたことにより、ピットのロスタイムを最小限に抑えることができ、首位でコースに戻った。

 その後2号車はライバルからの猛追を受けたものの、最後までポジションを守りきりトップチェッカー。ドライバーの加藤寛規は、レースが開催されなかった2ヵ月の間にチームが様々な分析を行なっていたことを明かし、そういった取り組みがマシンのポテンシャル向上に寄与したと語っていた。

 2号車の受賞理由としては、FCY発出直前という絶妙なタイミングでピットインさせ、さらにタイヤ無交換で送り出すという判断がジャンプアップに繋がっただけでなく、首位浮上後もライバルからの追撃に耐え得るだけのマシンに仕上げたことが理由のようだ。

 受賞に際し、後半スティントを担当した阪口良平は「17番手スタートから勝てたのは、ドライバーだけの力ではなくチーム全体の力であることは誰から見ても分かると思います。みんなの勝利ということで、みんなで喜びたいと思います」とコメント。またメカニックの石原尚佳氏は「僕たちはサポートに徹するだけでした。タイヤ交換もせず、確実にドライバーを送り出したいという一心でしたが、良い結果になってよかったです」と語った。

 

Read Also:

 

シェア
コメント
【スーパーGT】19号車スープラの猛追を逆手に……1号車STANLEYの山本尚貴が見せた老獪なレース戦略
前の記事

【スーパーGT】19号車スープラの猛追を逆手に……1号車STANLEYの山本尚貴が見せた老獪なレース戦略

次の記事

【スーパーGT】接触で無念のノーポイント……56号車リアライズのオリベイラ、小暮の動きは「驚きだった」

【スーパーGT】接触で無念のノーポイント……56号車リアライズのオリベイラ、小暮の動きは「驚きだった」
コメントを読み込む