山下健太がスーパーGTにフル参戦復帰、TGRが2021年GT500体制を発表

TOYOTA GAZOO Racingが2021年のスーパーGT(GT500)参戦体制を発表。山下健太がスーパーGTのGT500クラスに本格復帰。14号車のROOKIE Racingに加わり、大嶋和也との“2019チャンピオンコンビ”が復活することとなった。

山下健太がスーパーGTにフル参戦復帰、TGRが2021年GT500体制を発表

 TOYOTA GAZOO RACINGは1月22日に2021年のスーパーGT(GT500クラス)ドライバーズラインアップを発表。山下健太が本格的に復帰を果たす他、いくつかのチームで体制変更が見られることとなった。

 2021年もGRスープラは6台が参戦するが、その中で一番のトピックは2019年王者である山下健太の本格復帰だろう。2020年、山下はWEC(世界耐久選手権)のプログラムに専念するため、スーパーGTを離れることとなった。結果的にコロナ禍による変則的な事情などにより、代役という形でスーパーGTの開幕戦と終盤の2戦を戦ったが、2021年はWECには参戦せず、スーパーGTの舞台に本格的に復帰することとなった。

 山下が加入するのは14号車のROOKIE Racingで、2019年に王座を手にした大嶋和也と再びタッグを組むこととなる。またROOKIE RacingのスポンサーにENEOSがつき、「TGR TEAM ENEOS ROOKIE」というエントラント名で参戦することも明らかとなった。

 その他の変更点では、ニック・キャシディが離脱したTOM’S勢だ。平川亮の新しいパートナーとしてサッシャ・フェネストラズが起用され、このふたりが37号車をドライブ。36号車は関口雄飛が残留し坪井翔が新たに加わることとなった。

 残る3チームに関しては体制の変更はなく、19号車バンドウは国本雄資と宮田莉朋、38号車CERUMOは立川祐路と石浦宏明、39号車SARDはヘイキ・コバライネンと中山雄一のコンビを継続し、シリーズチャンピオンを目指す。

TOYOTA GAZOO RACING 2021年スーパーGT(GT500)ドライバーズラインアップ

#14 TGR TEAM ENEOS ROOKIE
大嶋和也/山下健太
#19 TEAM WedsSport BANDOH
国本雄資/宮田莉朋
#36 TGR TEAM au TOM'S
関口雄飛/坪井翔
#37 TGR TEAM KeePer TOM’S
平川亮/サッシャ・フェネストラズ
#38 TGR TEAM ZENT CERUMO
立川祐路/石浦宏明
#39 TGR TEAM SARD
ヘイキ・コバライネン/中山雄一

Read Also:

シェア
コメント
テーマは『敗者から勝者へONE TEAM』。19号車WedsSportは2020年の体制を継続

前の記事

テーマは『敗者から勝者へONE TEAM』。19号車WedsSportは2020年の体制を継続

次の記事

ジュリアーノ・アレジ、今季はSFライツとGT300参戦へ。父ジャンが明かす

ジュリアーノ・アレジ、今季はSFライツとGT300参戦へ。父ジャンが明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘