スーパーGT 第6戦:SUGO

18号車UPGARAGE NSX GT3、暫定結果で失格に。今季3勝目が取り消しに|スーパーGT第6戦SUGO

スーパーGT第6戦SUGOのGT300クラスでトップチェッカーを受けた18号車UPGARAGE NSX GT3が、最低地上高違反で失格となったことが暫定リザルトで公示された。

Takashi Kobayashi, Shun Koide, #18 UPGARAGE NSX GT3

 スポーツランドSUGOで行なわれたスーパーGT第6戦。18時20分付でGT300クラスの暫定リザルトが公示されたが、トップチェッカーを受けた18号車UPGARAGE NSX GT3が失格となっている。

 GT300クラスのレースは劇的な幕切れとなったが、波乱はもう一幕残されていた。レースでは52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTがトップでファイナルラップを迎えたが、最終コーナーの上り坂で突如失速。52号車がフィニッシュラインを跨ぐ直前に18号車UPGARAGEがその横を駆け抜けた。今季3勝目となるトップチェッカーにチームは歓喜に包まれていたが、一転して失格裁定となった。

 発表された暫定リザルトによると、18号車が抵触したのは最低地上高とのことだ。18号車の失格により、突然の失速で涙を呑んだ52号車が繰り上がりで優勝となった。

 なお、これはあくまで暫定のリザルトであり、19時時点で正式結果は出されていない。

 
前の記事 17号車Astemoが今季初勝利で一躍タイトル争いに名乗り。中盤には大クラッシュにより赤旗中断も|スーパーGT第6戦SUGO:決勝レポート
次の記事 GT300に続き、GT500も……トップチェッカーの17号車Astemoが車検不合格。両クラスのトップ車両が揃って失格に|スーパーGT第6戦SUGO

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本