38号車ZENT「タイトル争いは厳しいが、最終戦は優勝で終わりたい」

38号車ZENT CERUMOの立川と石浦は、共にタイトル争いの厳しさを口にしたが、最終戦を優勝で終えたいと誓った。【LEXUS TEAM ZENT CERUMO プレスリリース】

2017 AUTOBACS SUPER GT Report
Chang SUPER GT RACE
第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)
ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明
◆10月8日(日)RACE 決勝結果 4位

〈決勝〉天候:晴れ コース状況:ウエット/ドライ

 立川祐路と石浦宏明のドライバーふたりが、ZENT CERUMO LC500 にたしかな手ごたえを感じた公式予選から一夜明け、SUPER GT 第7戦チャン・インターナショナル・サーキットは 10 月8日(日)の決勝日を迎えた。前日は決勝の天候に不安があったものの、この日は朝から雲があるものの晴天。LEXUS TEAM ZENT CERUMOはピットウォーク等のイベントをこ なし、午後12時55分からスタートしたサーキットサファリ、そして午後1時25分から行われたウォームアップで周回を重ね、ZENT CERUMO LC500 の感触をたしかなものにした。

 その後、準備万端整えられた ZENT CERUMO LC500 はグリッドに並ぶが、多くのファンや関係者で賑わうグリッドに、上空から雨粒が落ち始める。 雨は次第に強さを増し、ついにはスコールに。それまでカラリと乾いていたコ ースは、あっという間にウエットコンディションへと変化してしまった。

 チームは急いでウエットタイヤを装着し、スタートドライバーの立川を送り出した。コンディション変化のため2周のセーフティカーランが行われた後、現地時間午後3時5分、決勝の火ぶたが切られた。

 スタートを務めた立川は、序盤5番手とグリッドどおりのポジションで周回を重ねていくが、晴れ間も見えていたため、早めにコースが乾くと予想したスリックタイヤスタートの集団が5周目には前方に出現し、レースは混戦模様となっていく。実際、8周も過ぎる頃になると少しずつコースが乾き、立川はウエットタイヤのオーバーヒートを減らすため、コース上の濡れた部分を探し始める。他車のラップタイムの状況も見ながら、チームは13周を終えて一度立川を呼び戻し、スリックタイヤへと交換。ふたたびコースへ送り出した。

 ただ、このタイミングで1周早くピットに入っていた#36 LC500 が立川の前に入ってしまう。立川の方が#36 LC500 よりもペースは良さそうだったが、コースは濡れている部分も多く、なかなか抜くには至らない。このままで はタイムロスも大きいため、チームは 26周を終え、ZENT CERUMO LC500 をピットに戻し、立川から石浦へ交代することに決めた。

 ZENT CERUMO LC500 のコクピットに収まった石浦のミッションは、ライバルたちがまだピットに入っていないこのタイミングで、とにかくプッシュしてタイムを稼ぎ出すこと。石浦はその任務を果たすべく ZENT CERUMO LC500 にムチを入れる
が、背後にその時4番手を走っていた#17 NSX-GT が迫る。すでにピットインしていた ZENT CERUMO LC500 とは周回が異なり、石浦は前を譲らなければならないため、石浦はそのまま先行させる。ただ、その後#17 NSX-GT よりも石浦のペースが良く、少々タイムロスを喫してしまった。また、途中イエローフラッグが提示されていた区間で、タイミング悪く石浦の前方に GT300 クラスの集団が現れてしまい、ここでも数秒のタイムロスがあった。

 とは言えコクピットの石浦は、予選日から感じていた ZENT CERUMO LC500 の好フィーリングを活かし、ハイペースで前を追った。上位陣がピッ トインを終えると、石浦の前には#17 NSX-GT が今度は同一周回で現れた。

 石浦はなんとかこれをオーバーテイクするべくプッシュを続けたが、最終的にはわずかに届かず。とは言え、残り2周で3番手を走っていた#12 GT- R がストップしたことから、ZENT CERUMO LC500 の最終的な順位は4位となった。惜しくも表彰台には届かず、優勝を飾った#37 LC500 とのポイント差は開いてしまったが、立川と石浦のなかでは、前日感じたたしかな手ごたえが、確実なものになっていた。

 残すはツインリンクもてぎでの最終戦のみ。チャンピオンシップはどうなるかは分からないが、最後は勝ってシーズンを終えよう……。LEXUS TEAM ZENT CERUMO のメンバーは、心に誓って帰国の途に就いた。

ドライバー/立川祐路
「レース直前の突然の雨で驚きましたが、完全にウエットコンディションになったので、レインタイヤでスター トして、スリックタイヤに交換する作戦を採りました。そこからは#36 LC500 の後方で戦うことになりましたが、フィーリングが良くペースも良かったものの、なかなか抜けず石浦選手に交代しました。結果は4位で、グリッドよりも上になりましたし、感触はすごくいい。タ イトル争いは厳しいかもしれませんが、最終戦では優勝して終わりたいですね」

ドライバー/石浦宏明
「立川選手がウエットコンディションでスタートして、その後路面が乾いたタイミングでピットに戻りましたが、理想はもう1周早いタイミングだったかもしれませんね。その後、#36 LC500 の後方で失ってしまうタイムもあったので、早めにピットに戻り、僕と交代し、空いている場所を使ってプッシュしようとしました。その後はコースインしたタイミングでタイムロスがあったり、GT300 の集団に引っかかってしまったりと、表彰台圏内に届かなかったのは少し残念な部分はあります。とは言え、このレースで見えてきたところがすごく多かったので、4位という結果以上に収穫があったレースだったと思います。タイトル争いは苦しいですが、最終戦、思い切ってやるだけです。優勝目指して頑張りたいと思います」

浜島裕英監督
「土曜日の公式練習から公式予選、そして決勝レースと、 着実にクルマが良くなったことが、この4位という結果に繋がったのではないでしょうか。レース戦略もライバルが採ったような作戦もありましたが、順当な作戦でしっかりと結果に繋げられたと思っています。この勢いのまま最終戦のもてぎでチームが全力を尽くせれば、いい結果でシーズンを終えられると思っています」

【LEXUS TEAM ZENT CERUMO プレスリリース】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.7 タイ/ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー 石浦 宏明 , 立川 祐路
記事タイプ プレスリリース