ARTA BMW M6 GT3、他を全く寄せ付けず今季2勝目! 富士SWで3連勝

シェア
コメント
ARTA BMW M6 GT3、他を全く寄せ付けず今季2勝目! 富士SWで3連勝
執筆: 吉田知弘
2018/08/05 12:50

2018スーパーGT第5戦富士。GT300クラス決勝は、序盤にトップに立った#55 ARTA BMW M6 GT3が今季2勝目を飾った。

 富士スピードウェイで行われた2018スーパーGT第5戦の決勝レース。GT300クラスは序盤からトップを独走した#55 ARTA BMW M6 GT3が今季2勝目を飾った。

 8周目にトップに立った#55 ARTA BMW M6 GT3は、徐々に後続との差を広げ、レース折り返しとなる89周目には27秒のリードを築いた。2番手に#0 グッドスマイル初音ミクAMGがつけ、3番手に#25 HOPPY 86 MCが続いた。

GT300クラス前半レポート

 90周目を迎えたところで#25 HOPPY 86 MCが3回目のピットイン。第3スティントを担当した近藤翼は比較的短いスティントで走行を終え、坪井翔がマシンに乗り込むが、周りとはピットストップのタイミングが違うこともあり5番手に後退した。

 その坪井だが、97周目のトヨペット100Rコーナーでイン側をカットしすぎてスピン。幸いタイヤバリアにはヒットせず、すぐに再スタートした。

 トップの#55 ARTA BMW M6 GT3は危なげなく快走。107周を経過した時点では、2番手の#0 グッドスマイル初音ミクAMGに40秒ものリードを築いた。

 112周を迎えたところで、#2 シンティアム・アップル・ロータスがレクサスコーナーでスピン、そこに#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが突っ込みかけてコース上で立ち往生してしまった。幸い、2台とも接触はしておらず、すぐに走行を再開。セーフティカー導入などの事態にはならなかった。

 一時は5番手に下がった#25 HOPPY 86 MCの坪井だが、徐々に順位を取り戻し、116周目に#31 TOYOTA PRIUS apr GTをパス。3番手を取り戻したが、最終ピットストップを終えたところで#31 TOYOTA PRIUS apr GTが逆転し3番手の座を死守した。

 #25 HOPPY 86 MCは松井孝允がアンカーを務めたが、チェッカーまで12周というところで、#65 LEON CVSTOS AMGの先行を許し、5番手に後退した。

 結局、レース終盤はトップ2ともに淡々と走るレース展開に。#55 ARTA BMW M6 GT3が独走で今季2勝目をマーク。特に高木真一個人としてはGT300クラス通算最多の20勝目、昨年の第5戦から富士スピードウェイでの3連勝を飾った。2位は#0 グッドスマイル初音ミクAMGが入り、今季初表彰台。3位には#31 TOYOTA PRIUS apr GTが続いた。

 ランキング首位だった#11 GAINER TANAX GT-Rが22位に終わったため、#55 ARTA BMW M6 GT3が51ポイントでランキングトップに浮上した。

【リザルト】スーパーGT第5戦富士GT500マイル:決勝結果

次の スーパーGT ニュース
スーパーGT第5戦富士500マイル決勝速報:36号車au TOM’S LC500が優勝!

前の記事

スーパーGT第5戦富士500マイル決勝速報:36号車au TOM’S LC500が優勝!

次の記事

終盤まさかの展開、au TOM’S LC500が500マイル制す。トムス初のワンツー達成

終盤まさかの展開、au TOM’S LC500が500マイル制す。トムス初のワンツー達成
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
サブイベント 日曜日 レース
執筆者 吉田知弘
記事タイプ レースレポート