6号車チームルマン/脇坂監督「全てが揃った時、チームがどこまでいけるか楽しみにしている」

シェア
コメント
6号車チームルマン/脇坂監督「全てが揃った時、チームがどこまでいけるか楽しみにしている」
2016/11/14 7:55

LEXUS TEAM LEMANS WAKO`Sレースレポート

決勝(11月13日 午後) 天気:晴れ コース状況:ドライ

気温:22度 路温:27度(スタート前)湿度:58%(15時)

決勝パレードラップ開始:13時30分

決勝レース周回数:53周

#6 WAKO’S 4CR RC F

大嶋和也選手&アンドレア・カルダレッリ選手


決勝結果:2位 (所要時間:1時間31分58秒300/ベストラップ:1分40秒272=カルダレッリ選手)

 予選に続いて、快晴といってコンディションで迎えた今季最終戦決勝。前日と同じくスピードバトル設定の250km戦である。 #6 WAKO’S 4CR RC Fはチャンピオンをかけたこの一戦に、スタートはカルダレッリ、後半パートが大嶋という布陣で臨む。 逆転ドライバーズチャンピオンの条件はいくつかあるが、わかりやすいところでは「優勝して、39号車が3位以下」だ。

 1周目、カルダレッリは早々に37号車をパスして2番手に浮上。シリーズリーダーでもあるポール発進の39号車への挑戦権を手にする。 そしてその後、トップ攻防は1〜3秒差という僅差で続き、その争いは、まずはピット勝負へと引き継がれることになった。 先に動いたのは39号車で、20周目にピットへ。そしてカルダレッリも翌周、ピットへ向かう。給油&タイヤ交換し、大嶋に交代。 残念ながらここで順位を逆転することはできず、あとは後半パート担当のドライバー同士、コース上での戦いですべてが決まる展開に。

 ピットストップ直後は5秒ほどあった差を大嶋は終盤、よく詰めていった。一時は0.2秒というところまで迫ったくらいである。 39号車を抜いても、相手が2位ならチャンピオンを獲ることはできないが、とにかく今季初優勝を成し遂げたい。 大嶋はチーム全員の思いを背負って、懸命に攻め続けた。しかし、39号車を抜くことは叶わず、2位のままレースを終えることに。

 とはいえ、チームは右肩上がりで一年を戦い、最後に今季最上位の2位という結果を残して、シリーズランキングでも2位の好位置。 脇阪監督とカルダレッリ、そしてWAKO’Sというメインパートナーを新たにチームに迎えたシーズンは、上々の成果を得て終幕した。

大嶋和也(#6 WAKOS 4CR RC F

 「マシンの仕上がり、パフォーマンスは最高だったと思います。タイヤのグリップダウンもなく、最後まで戦うことができました。 あと少しのところで勝てなかったことは悔しいですけど、シーズンを通してチームとしての課題をみんなでクリアしつつ、 タイトルを争える位置まで漕ぎ着けたことは良かったと思います。このいい流れを、新車で戦う来季につなげていきたいですね」

アンドレア・カルダレッリ(#6 WAKOS 4CR RC F

39号車とのトップバトルは、まったくミスをできない緊張感あるものでした。今日も私たちのマシンはとても速かったと思います。 特にスティントの後半が39号車よりも速かった。ただ、残念ながら優勝には(日本語で)ギリギリ、手が届きませんでしたね。 チームを移籍したシーズンでしたが、良い経験を積めたと感じています。来シーズンはさらなるチャレンジができると思います」

山田健二エンジニア

「もてぎ大会でのパフォーマンスは総合的に良かったと思います。タイヤ的にもスリックに関してはソフトを使い続けることができましたし、 ここで投入されたエンジンも素晴らしかったですね。チームとしてのエンジニアリング能力を発揮できたことも良かったと思っています」 

脇阪寿一監督

「タイヤ選択、戦略、マシンの仕上がり、すべてにおいてパーフェクトといっていい戦いができたのではないか、そう感じています。 シーズンを通しても、みんなよくやってくれたと思います。ドライバーふたりはよくチームを引っ張ってくれました。 そしてドライバーやエンジニア、メカニック、営業など、チームのすべてのスタッフが僕の言うことに耳を傾けて頑張ってくれたことに感謝したいです。まだ、いろんなことを整えていっている途上でもありますが、それでシリーズ2位という結果を得られたのですから、 すべてが本当に揃う状態になったら、このチームはどこまで高いところにいけるのかな、そういう楽しみも来季以降はあると思っています」

「ファンのみなさん、応援ありがとうございました。チャンピオンは獲れませんでしたが、今、チームの全員が来季に向けて希望を持って シーズンを終えることができました。来季はリザルト(タイトル)というかたちで応えたいと思います。また応援よろしくお願いします」

2016年最終シリーズランキング

大嶋和也&アンドレア・カルダレッリ:2位/69ポイント チーム部門 :2位/92ポイント 

次の スーパーGT ニュース
【Audi press center】藤井誠暢「アウディでどうしても勝ちたかった。本当に嬉しい」

前の記事

【Audi press center】藤井誠暢「アウディでどうしても勝ちたかった。本当に嬉しい」

次の記事

【SUBARU BRZ GT300】辰己総監督「ミスがあった。チーム全体を立て直さなければダメ」

【SUBARU BRZ GT300】辰己総監督「ミスがあった。チーム全体を立て直さなければダメ」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント ツインリンクもてぎ
サブイベント 日曜日 決勝
ロケーション ツインリンクもてぎ
記事タイプ プレスリリース