スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

リヤ2本交換で3位入賞の61号車スバルBRZ「ファンが後押ししてくれた」

シェア
コメント
リヤ2本交換で3位入賞の61号車スバルBRZ「ファンが後押ししてくれた」
執筆:
2019/05/27 8:52

スーパーGT第3戦鈴鹿GT300クラスで3位表彰台を獲得した61号車。リヤ2輪を交換する作戦は上手く機能し、幸運にも3位表彰台を穫れたと語った。

 鈴鹿サーキットで行われたスーパーGT第3戦で、3位表彰台を獲得した#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝。61号車にとっては昨年第6戦SUGO以来の表彰台だ。

 4番グリッドからスタートした61号車(山内)だが、着実にポジションを上げて3番手に浮上した後は、前を往く#96 K-tunes RC F GT3との差を詰め、4番手以下に大きく差をつける走りを見せた。そしてピットインのタイミングで、一時は96号車の前に出るなど、ファンを沸かせたが、終盤にペースを取り戻した#5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号に先行を許してしまい表彰台圏内から脱落してしまった。

 ただ、最終ラップに#25 HOPPY 86 MCにトラブルが発生しスローダウンしたたため、61号車(井口)は順位を上げ、3位表彰台を獲得した。

 レース後、井口と山内は素直に喜びを見せた。

「あんな奇跡が起こるとは思っていませんでした。(25号車が)見えてきた瞬間には気持ちも、心拍数も上がっていました。なんとか最後に抜けたので、かなりラッキーですけどね」と、井口はレース最終盤を振り返った。

 また、ピットから井口の走りを見守っていた山内は、今回の表彰台を“スバルファンが後押ししてくれた”と語った。

「25号車(のペース)が落ちていたので、下手したら追いつくんじゃないかなと思っていました。でも、最後の方に130Rでの距離感では届かないかなと思ってから、おこぼれ(を拾った形)だったので、本当にラッキーだと、それしかないですね。たくさんのスバルファンが後押ししてくれたのかなと思います」

 こうして昨シーズンの第6戦SUGOで優勝して以来の表彰台を手にした61号車だが、全体的なペースは良くはなかったという。

「決してペースは良くなかったです。ただ、25号車みたいなタイヤのタレも無かったですし、全体的に悪いペースでしたが、安定はしていて、最後まで同じようなフィーリングで走れました」

「せっかく後ろと差がついていたんですが、(SCの導入が無ければ)もっと違った作戦も取れたかもしれなかったです。それでも、あの状況ではリヤ2本の交換がせいぜいのところでした。でも、(3位に入れて)良かったです」と、井口はいう。

 ただ、リヤ2本を交換することは作戦だったようで、フロントタイヤをセーブする走りは上手くできたと、山内は自身の走りを振り返った。

「もともと2本交換だったので、オーバーステア方向で車を作っていたというか、もともとその傾向だったので少しきつかったんですけど、96号車と一緒に走っていくうちにフロントの守りもできましたし、それを踏まえた上での走りはできたかなと思います」

次の記事
早くも今季2勝目のK-tunes RC F GT3、今後の課題は『安定性』

前の記事

早くも今季2勝目のK-tunes RC F GT3、今後の課題は『安定性』

次の記事

今季初の2位表彰台の平川亮&ニック・キャシディ「自分たちの力は出し切れた」

今季初の2位表彰台の平川亮&ニック・キャシディ「自分たちの力は出し切れた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦:鈴鹿
サブイベント Race
ドライバー 山内 英輝 , 井口 卓人
チーム R&D SPORT
執筆者 永安陽介