GT300クラスで2台が車検不合格。88号車と10号車タイム抹消

シェア
コメント
GT300クラスで2台が車検不合格。88号車と10号車タイム抹消
執筆: 吉田知弘
2018/06/30 13:36

スーパーGT第4戦タイのGT300クラス予選で上位タイムを記録した#88 マネパランボルギーニ GT3と#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが車検不合格でタイム抹消となった。

  タイ・ブリーラムで行われているスーパーGT第4戦。GT300クラスのQ2でトップタイムを記録した#88 マネパランボルギーニ GT3と、3番手タイムだった#10 GAINER TANAX triple a GT-Rの2台が車検不合格によりタイム抹消となった。

 予選Q2では同タイムで#88 マネパランボルギーニ GT3がポールポジションかと思われたが、直後のポールポジション記者会見では急きょ#65 LEON CYSTOS AMGの黒沢治樹と蒲生尚弥が登場。現場にいたメディア陣も状況を把握できず、一時騒然となった。

 GT300クラスのみ車両保管が解除されない状態が続いたが、18時15分に公式通知No.15が発行され、88号車と10号車の車検不合格が明らかに。その後の正式結果でタイム抹消となっていた。

 88号車に関しては車検時のエアリストリクターの検査のところで問題が見つかり、車検不合格になったとのこと。10号車は第4戦タイで適用される参加条件(BoP数値)の一部で規定と合致しない箇所があったのが原因のようだ。

 これによりポールポジションは#65 LEON CVSTOS AMG、2番手に#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS、3番手に#55 ARTA BMW M6 GT3という正式結果になった。

【スーパーGTをとことん楽しむならJ SPORTSオンデマンド!】
予選&決勝の模様をLIVE配信!
https://www.jsports.co.jp/motor/

次の記事
第4戦タイ:GT300クラスは最後の最後に波乱、LEON AMGが今季初ポール

前の記事

第4戦タイ:GT300クラスは最後の最後に波乱、LEON AMGが今季初ポール

次の記事

GT300でPP獲得の蒲生尚弥「今のところウエットでもドライでも調子がいい」

GT300でPP獲得の蒲生尚弥「今のところウエットでもドライでも調子がいい」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント チャーン・スーパーGTレース
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 吉田知弘