ライバルに大差をつけたARTA「力を出し切って納得できる結果を」

シェア
コメント
ライバルに大差をつけたARTA「力を出し切って納得できる結果を」
執筆: 松本 和己
2018/10/20 10:43

スーパーGT第7戦オートポリスの予選でポールポジションを獲得した#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀は、他のメーカーとこれほど差がつくとは思わなかったと語った。

 オートポリスで開催されているスーパーGT第7戦。予選を支配したホンダNSX-GT勢の中でも、#8 ARTA NSX-GTはさらに頭ひとつ抜け出たタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得した。

 予選Q1を担当した伊沢拓也は、公式練習の時点ではマシンのバランスが優れていたわけではなかったと振り返った。

「サーキットに来るまでは不安もありました。ここまでの順位が獲れるとは思っていなかったところもあります」

「公式練習を走り始めると、思ったよりバランスが悪くて戸惑いましたが、GT500クラスの専有走行の時にクルマが良い方向に行ったので、思わぬ形でチャンスが来たなと思いました」

「自分が担当したQ1の時にもまた少しバランスが変わっていたので、野尻選手がアタックする時にそれをチームに伝えて、ウォームアップの仕方をうまく修正できたのがうまくいったのかなと思います」

 伊沢のアドバイスを受けてQ2のアタックに臨んだ野尻智紀は、それが功を奏したと話した。

「クルマの問題点を伊沢選手がチームにしっかりと伝えてくれたことで、僕に対してもかなり力になりました」

「チームもホンダさんも良いクルマを用意してくれて、良いバランスのまま1周をしっかりアタックできました」

 今回の予選では、トップ3をホンダNSX-GT勢が独占した。これについて野尻は、その差に驚いたとしながらも自分たちの取り組みにも自信を持っている様子だった。

「他のメーカーが何をして、どれくらいのモチベーションでレースをやっているかは正直分からないんですけど、僕たちはものすごいモチベーション高く、毎戦毎戦いろんな研究や解析を重ねています。僕たちドライバーも走らせ方を常に議論してやってきています」

「力を出し切れば、ある程度自分たちの納得行く戦いができると踏んでいるところはあったのですが、これほどの差がつくとは思っていなかったです」

 予選での差にも関わらず、決勝は難しいレースになるというのが2人の共通認識のようだ。まずは、逆転タイトル獲得のことはあまり考えず、しっかりと決勝を戦いたいと野尻は話した。

「難しいサーキットなのは重々わかっているので、自分たちの力をしっかり出し切って、最終的に自分たちが納得できる手応えと結果で終われれば良いなと思います」

 伊沢も決勝に向けた意気込みを、このように語った。

「チャンピオン争いでドライバーもチームも緊張している中で、こういうパフォーマンスが出せたのは非常に良かったし嬉しいです。レースがどうなるか走ってみなくちゃ分からないところがあると思うんですけど、この予選をしっかり戦えたということでホッとしているので、決勝は思いっきりいきたいなと思います」

次の記事
NSX-GTが異次元の速さ見せつけ、8号車ARTAがポール獲得

前の記事

NSX-GTが異次元の速さ見せつけ、8号車ARTAがポール獲得

次の記事

山本尚貴、痛恨のミスでフロントロウ逃す「全く嬉しくない3番手」

山本尚貴、痛恨のミスでフロントロウ逃す「全く嬉しくない3番手」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第7戦オートポリス
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 松本 和己