スーパーGT 第6戦:SUGO

12号車インパルZ、第6戦でランキング首位陥落も「残り2戦でチャンスは十分にある」とバゲット

12号車カルソニックIMPUL Zは、スーパーGT第6戦SUGOで5位入賞。レースを制した3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zにランキング首位の座を奪われたものの、ドライバーのベルトラン・バゲットは「残り2戦でチャンスは十分にある」と加速するタイトル争いに向けて意気込んだ。

#12 カルソニック IMPUL Z

 スポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT2022年シーズンの第6戦。決勝レースは3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zが制し、ランキングでも首位に浮上。一方で12号車のカルソニックIMPUL Zはランキング2番手に後退することとなった。

 しかし12号車のベルトラン・バゲットとしては、残る第7戦オートポリス、最終戦もてぎで首位を取り戻し、タイトルを獲得するチャンスは十分にあると考えている。

 12号車は第4戦富士で2位表彰台を獲得し、前戦鈴鹿では最後尾スタートながらもセーフティカーなども活かしトップチェッカー。トントン拍子でポイントを稼ぎ上げ、ポイントリーダーとしてSUGOに臨んだ。

 ただ、サクセスウェイト89kg(ウェイト39kg+燃料リストリクター径3段階ダウン)が科せられていたこともあり予選で苦戦。14番手とクラス最後列から決勝レースを迎えることとなった。

 レースに先立ち「簡単ではないが、タイトル獲得のためにはSUGOでポイント獲得が必至」だと語っていたバゲットは、第1スティントを担当。ドライからウエットへと路面コンディションが変化する中で、上位陣より1周遅いタイミングでピットでウエットタイヤに切り替えたが、そのコンパウンドが路面状況に適してはいなかったという。

「雨が降り始めた時、最初はスリックタイヤで走れると思っていたから、1周遅れてピットインした」とバゲットは語る。

「セクター3~4はかなり乾いていたからだからチームにはもう1周すると伝えたんだけど、結局それが間違いだった」

「しかも僕らはウエットタイヤのコンパウンドを間違えていた。2回目のピットストップで”正しい”ウエットタイヤに交換する必要があったんだ」

 バゲットは最低規定周回数より1周前の27周目に再びピットイン。第2スティントに続いて第3スティントもそのまま走ることとなった。

 勝利を挙げた3号車のピット戦略を見てみると、スタートドライバーの千代勝正が最大規定周回数から1周前の55周目までウエットタイヤを引っ張り、ドライバー交代と共にスリックタイヤへ切り替えるというモノだった。一方、12号車はその他多くのマシンと同様に計3回のピットストップを行なうことになった。

「(最初のウエットタイヤで)あまりにもタイムが落ちていたから、追加ストップをすることにしたんだ」とバゲットは2回目のピットストップについてそう説明する。

「路面が乾いていくことを期待していたけど、そういう状況になってしまったから仕方なかった。ドライ路面になっていけば、スリックタイヤに交換するためにもう一度ピットストップをすることになってしまうからね」

「もう一周待ってカズキ(平峰一貴)にドライバー交代することもできたけど、リスクは大きかった」

 泣く泣く2度目のピットインを強いられた12号車だったが、路面に適した2本目のウエットタイヤは威力を発揮し、結果的にアンダーカットに成功する。

「これ以上待っても意味がないほど、僕はタイムを失っていた。僕は相当遅かったし、きちんとマシンを曲げることすらままならなかった。それで『みんな、ピットに入らなきゃダメだ』と伝えたんだ」

「でもこの余計なストップが、上位にカムバックするカギになった。あれは正しい判断だったんだ」

「昨シーズンのデータがほとんどないから、ウエットタイヤを選ぶのがとても難しかった」

「はっきり言ってデータはゼロだし、失敗もした。でも一度正しいタイヤを履いたら、ラップタイムはミシュラン勢とほとんど変わらなかったんだ」

「もちろん、ミシュラン勢はウエットコンディションに強く、そこはかなり先行されているから改善が必要だ。でもこの戦略にはかなり満足している。以前から感じていたことだけど、IMPULは戦略に関しては本当に強いんだ」

「そのおかげで後方から巻き返すことができたし、6番手でカズキに交代できた。14番手からのスタートにしては良い結果だよ」

 バトンを受け継いだ平峰は50周目にスリックタイヤへ切り替え、39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraを交わし、5位でチェッカー。ランキング首位こそ失ったものの、SUGOで貴重な6ポイントを稼いだことで3号車から3.5ポイント差の同2番手に並んでいる。

 10月の第7戦オートポリス、11月の最終戦もてぎに向けてチャンスは十分にあると、バゲットは自身の初タイトルに向けて意気込んでいる。

「チャンピオンシップのリードを失ってしまったけど、3.5ポイントしか差はない」とバゲットは続ける。

「オートポリスともてぎでは、ミシュラン対ブリヂストンという構図になるね。この2戦でどちらが優れたタイヤ選択ができるか……もちろん、雨が降ればミシュラン有利になるけど、ドライだと(ミシュラン勢に)かなりピックアップが発生しているのを土曜日に見た。でも僕らには起こっていなかったんだ」

「僕らの予選結果が悪かったのは確かだけど、リストリクター適用でもレースでは僕らの方が強かったと思う。チャンスは十分にあると思うよ」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 笹原&大湯組が結成2年目で初表彰台。タイヤがコンディションにマッチ、確かな成長を実感|スーパーGT第6戦SUGO
次の記事 得意の逃げ切りパターンに持ち込んでいたが……61号車スバル、雨に翻弄され「難しいレース」に

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本