スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

霧が晴れた富士、30分の公式練習は23号車MOTUL AUTECH GT-Rトップ

シェア
コメント
霧が晴れた富士、30分の公式練習は23号車MOTUL AUTECH GT-Rトップ
2018/05/03 5:10

スーパーGT第2戦富士の公式練習が行われ、#23 MOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマークした。

 富士スピードウェイで開催されているスーパーGT第2戦。濃霧の影響で午前8時40分から予定されていた公式練習がキャンセルとなり、急きょ午後12時50分から30分間の走行が行われ、#23 MOTUL AUTECH GT-Rがセッショントップとなった。

 午前中は深い霧に覆われていたサーキットだが、徐々に視界も回復。午後になって陽射しが差し始め、路面もドライコンディションで公式練習のセッションがスタートした。

 95分から30分へと大幅に少なくなった走行時間をカバーしようと、セッション開始直後から多くのマシンがコースインし積極的に走行を行った。

 セッションが10分経過した時点で、トップは#1 KeePer TOM’S LC500のニック・キャシディ。しかしその後、#36 au TOM’S LC500の関口雄飛が上回っていった。

 序盤には#39 DENSO KOBELCO SARD LC500のブレーキ付近から出火する場面もあったが、幸い大事には至らずすぐに走行を再開。また、セッション残り10分前には#5 マッハ車検 MC86 Y's distraction(坂口夏月)がTGRコーナーでコースオフしてしまう場面も。こちらはFROによってマシンの処理が行われた。

 30分間の短いセッションでトップとなったのは、終了間際にロニー・クインタレッリが1分29秒581をマークした#23 MOTUL AUTECH GT-R。2番手には#38 ZENT CERUMO LC500、3番手には#6 WAKO’S 4CR LC500が続いた。

 ホンダ勢のトップは、4番手タイムを記録した#64 Epson Modulo NSX-GTとなっている。開幕戦ウイナーの#17 KEIHIN NSX-GTは、14番手でセッションを終えた。

 GT300クラスは#55 ARTA BMW M6 GT3がトップ。#0 グッドスマイル 初音ミク AMG、#7 D’station Porscheが2番手、3番手に続いている。

スーパーGT第2戦富士:公式練習タイム結果(GT500)

1. #23 MOTUL AUTECH GT-R/1'29.581
2. #38 ZENT CERUMO LC500/1'29.795
3. #6 WAKO’S 4CR LC500/1'30.276
4. #64 Epson Modulo NSX-GT/1'30.287
5. #1 KeePer TOM'S LC500/1'30.328
6. #36 au TOM’S LC500/1'30.333
7. #12 カルソニック IMPUL GT-R/1'30.434
8. #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/1'30.541
9. #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/1'30.670
10. #100 RAYBRIG NSX-GT/1'30.693
11. #19 WedsSport ADVAN LC500/1'30.821
12. #16 MOTUL MUGEN NSX-GT/1'31.065
13. #8 ARTA NSX-GT/1'31.103
14. #17 KEIHIN NSX-GT/1'31.590
15. #39 DENSO KOBELCO SARD LC500/1'31.630

スーパーGT第2戦富士:公式練習タイム結果(GT300)

1. #55 ARTA BMW M6 GT3/1'37.811
2. #0 グッドスマイル 初音ミク AMG/1'37.884
3. #7 D’station Porsche/1'37.992
4. #65 LEON CVSTOS AMG/1'38.015
5. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/1'38.193
6. #31 TOYOTA PRIUS apr GT/1'38.205
7. #2 シンティアム・アップル・ロータス/1'38.326
8. #34 Modulo KENWOOD NSX GT3/1'38.340
9. #96 K-tunes RC F GT3/1'38.610
10. #777 CARGUY NSX GT3/1'38.660
11. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT/1'38.665
12. #11 GAINER TANAX GT-R/1'38.736
13. #9 GULF NAC PORSCHE 911/1'38.746
14. #88 マネパ ランボルギーニ GT3/1'38.752
15. #10 GAINER TANAX triple a GT-R/1'38.791
16. #60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3/1'38.806
17. #87 リーガルフロンティア ランボルギーニ GT3/1'38.939
18. #18 UPGARAGE 86 MC/1'38.952
19. #52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC/1'39.164
20. #5 マッハ車検 MC86 Y's distraction/1'39.200
21. #30 TOYOTA PRIUS apr GT/1'39.334
22. #50 EXE AMG GT3/1'39.638
23. #26 TAISAN R8 FUKUSHIMA/1'39.780
24. #25 HOPPY 86 MC/1'40.304
25. #48 植毛 GT-R/1'40.515
26. #22 アールキューズ AMG GT3/1'40.556
27. #35 ARTO RC F GT3/1'41.657
28. #360 RUNUP RIVAUX GT-R/1'45.287
29. #117 EIcars BENTLEY GT3/2'03.256

次の記事
スーパーGT第2戦富士、公式予選は20分間の計時方式に変更

前の記事

スーパーGT第2戦富士、公式予選は20分間の計時方式に変更

次の記事

熾烈なアタック合戦制した高木真一、ARTA BMW M6今季初ポール

熾烈なアタック合戦制した高木真一、ARTA BMW M6今季初ポール
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦FUJI GT 500km RACE
ロケーション 富士スピードウェイ