MOTUL AUTECH GT-Rがピットストップで逆転! 今季初優勝を飾る

シェア
コメント
MOTUL AUTECH GT-Rがピットストップで逆転! 今季初優勝を飾る
執筆:
2018/05/04 12:55

2018スーパーGT第2戦富士。GT500クラスの決勝は#23 MOTUL AUTECH GT-Rが今季初優勝を飾った。

 富士スピードウェイで行われた2018スーパーGT第2戦。500kmで争われた決勝レースは逆転につぐ逆転の展開となり、#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が今季初優勝を飾った。

 昨日は濃霧によりスケジュールが変更になるなど、波乱の1日となったゴールデンウィークの富士ラウンド。決勝日は朝から雲ひとつない青空が広がり、絶好のレース日和となった。

 それでも最終コーナーから1コーナー方面への風が強く気温18度、路面温度36度の中で110周のレースがスタートした。

 1周目から速さを見せたのが#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ。1コーナーで2番手に浮上すると、すぐさまポールポジションだった#38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)の背後につきダンロップコーナーでパス。トップに浮上する。3番手以降は#36au TOM’S LC500(ジェームス・ロシター)、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン)、#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也)という順位でレースが進んでいった。

 後方でも各所で抜きつ抜かれつのバトルが続く中、徐々にリードを広げていく#23 MOTUL AUTECH GT-R。このまま独走状態に持ち込みたいところだったが、ここ富士を得意とするコバライネンが徐々にペースを上げていく。4周目にロシターをパスすると、すぐさま2番手の立川に接近。しばらく突破口を見出せなかったが、17周目の1コーナーでオーバーテイクを決め2番手に浮上した。

 この時点でトップとの差は3秒近くあったが、コバライネンのペースも良く、わずか数周で0.6秒差に接近。23周目の1コーナーでオーバーテイクし、ついにトップに浮上した。

 30周を過ぎると、各チーム1回目のピットストップを実施。トップの#39 DENSO KOBELCO SARD LC500と#23 MOTUL AUTECH GT-Rは同じ39周終わりにピットインするが、ここで順位は入れ替わらず第2スティントに突入していく。

 #39 DENSO KOBELCO SARD LC500はWEC参戦で欠場となった小林可夢偉の代役としてチームに加わった坪井翔が第2スティントを担当。事前のテストも含めて、ここまでほとんど走り込めておらずロングランも未経験の状態だったが、#23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生を相手に一歩も寄せ付けない走りを披露。一時は7秒以上のリードを築いた。

 一方、注目のジェンソン・バトンが乗る#100 RAYBRIG NSX-GT。10番手から山本尚貴が6番手まで順位を上げ36周終わりでピットイン。第2スティントはバトンが担当するが、今回30kgのウェイトハンデを背負っていたこともあり苦戦。徐々に順位を下げていった。

 またレース中盤にはアクシデントやトラブルに見舞われる車両も続出。序盤の18周目には#19 WedsSport ADVAN LC500の左リヤタイヤがパンクし緊急ピットイン。また彼らはレース後半の85周目にも同じ左リヤタイヤのパンクに見舞われてしまった。46周目には#64 EPSON Modulo NSX-GTがADVANコーナーでGT300マシンと接触しスピン。そこから復帰することができずリタイアを余儀なくされる。さらに69周目には#16 MOTUL MUGEN NSX-GTも左リアタイヤがパンクするアクシデントに見舞われ緊急ピットインを余儀なくされた。

 70周を過ぎると2度目のピットストップが始まっていく。そんな中、トップの坪井はスティント終盤になってもペースが落ちることなく、71周目には1分31秒364の好タイムをマーク。追いかけてくる松田との差を少しでも広げ、75周終わりに2回目のピットインを済ませる。

 対する#23 MOTUL AUTECH GT-Rは76周終わりにピットイン。松田が直前の周回でタイムを稼いできたのと、ニスモのメカニックが迅速な作業を行い、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500より先にコースに復帰を果たす。

 最後も2台によるマッチレースになるかと思われたが、クインタレッリがアウトラップから他を突き放す速さをみせ、79周目には1分30秒460のファステストラップをマーク。徐々に後続との差を広げ、93周目にはその差を9.3秒とする。これには#39 DENSO KOBELCO SARD LC500のコバライネンもお手上げという状態だった。

 レース終盤は3位争いが白熱。中盤スティントで#6 WAKO’S 4CR LC500のフェリックス・ローゼンクヴィストが見事な燃費コントロールをみせ、2回目のピットストップが終わった時点で3番手に浮上するが、序盤から表彰台圏内を争っていた#38 ZENT CERUMO LC500(立川)が終盤にスパートをかけ79周目に3番手を奪い返した。

 気がつけば、最終スティントは独走状態となった#23 MOTUL AUTECH GT-Rが、そのまま逃げ切りトップチェッカー。昨年の最終戦もてぎ以来となる勝利を飾った。2位には#39 DENSO KOBELCO SARD LC500が入り、坪井は代役参戦で見事な活躍を見せGT500初参戦で初表彰台を獲得。3位には#38 ZENT CERUMO LC500が続いた。

 開幕戦で強さをみせたホンダ勢は、ウェイトハンデの影響もあってか苦戦。#8 ARTA NSX-GTの8位が最高で、#100 RAYBRIG NSX-GTは9位でフィニッシュ。ランキング首位だった#17 KEIHIN NSX-GTは11位でポイント獲得はならなかった。

 →スーパーGT第2戦富士:決勝結果

次の記事
富士得意のARTA BMW、大差で完勝。高木真一はGT300最多勝記録を更新

前の記事

富士得意のARTA BMW、大差で完勝。高木真一はGT300最多勝記録を更新

次の記事

タイヤが完勝の鍵。高木真一「晴れてくれて、楽をさせてもらえた」

タイヤが完勝の鍵。高木真一「晴れてくれて、楽をさせてもらえた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦FUJI GT 500km RACE
ロケーション 富士スピードウェイ
執筆者 吉田知弘
まずは最新ニュースを読む