GSR、今季初表彰台は出し切った結果。”別次元”の55号車ARTAにはお手上げ

シェア
コメント
GSR、今季初表彰台は出し切った結果。”別次元”の55号車ARTAにはお手上げ
執筆: 松本 和己
2018/08/06 10:08

スーパーGT第5戦富士500マイルで今季初表彰台を獲得した#0 グッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也がレースを振り返った。

 富士スピードウェイで開催されたスーパーGT第5戦。#0 グッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也は、500マイルのレースでマシンのパフォーマンスを出し切った上での2位だったと語った。

 昨年のGT300クラスを制した#0 グッドスマイル 初音ミク AMGだが、今季は意外なことに第4戦まで表彰台獲得なし。入賞こそ開幕から続いていたものの、ベストリザルトは第2戦富士での5位だった。

 そして迎えた今季最長距離で争われる第5戦、富士GT500マイルレース。4番手からスタートし、レース前半を終える頃には2番手に浮上した。最終的に優勝した#55 ARTA BMW M6 GT3が圧倒的なパフォーマンスを発揮。0号車は1周差をつけられてしまったものの、そのまま2位でフィニッシュし今季初表彰台を獲得した。

「僕たちが今回選択したタイヤを含め、マシン自体は決まっているなという印象でした」

 片岡はそうレースを振り返った。

「ただあまりにも、55号車が想定以上に速すぎました。僕らとしても思った通りのパフォーマンスが発揮できていたのに、想像をはるかに超える別次元で走られてしまったので、ここまでぶっちぎられると正直悔しいという気持ちもないくらいです」と、どこかさっぱりした表情で語っていた。

 第4戦タイではスロットルのトラブルに見舞われ、フォーメーションラップでマシンストップした0号車。隊列から遅れたためにピットロードを通過し、最後尾から追い上げることになった。それでもタイヤ無交換作戦を駆使しながら7位まで追い上げられたこともあって、富士に向けて調子が上がっている印象はあったという。

「ここまでのレースと比べても、今回は良い内容のレースができました。今季初表彰台ということで、やっと調子が上向いてきました。タイも調子良かったんですけど、フォーメーションラップでトラブルが出て最後尾に落ちてしまい、そこからの追い上げだったので……」

「ライバルだと思っていた相手が予想より早い段階で下がっていく中で、タイから続く好調を500マイル余すことなく出し切った2位だったかなと思います」

 今回の結果で、0号車のランキングは6位まで浮上。ポイントリーダーの55号車とは17ポイント差が付いているものの、諦めずにタイトル連覇を狙っていくと片岡は意気込んだ。

「この2レースで掴んだ手応えで、シーズン後半戦頑張れるのではないかと思います。ランキングも浮上してきたと思うので、諦めずに頑張りたいです」

「次のSUGOは決して苦手ではないんですが、マザーシャシー勢が手をつけられないくらい速いです。メルセデスは今年、どこにいっても悪くはないんですけど、有利なサーキットというのはないですね」

「富士だとストレートで速いBMWが速くて、テクニカルなハイスピードサーキットだとマザーシャシーが速い。僕らは常にその次に位置するようなレース展開になるのかなと思うので、SUGOでは優勝を狙うというよりは、今回のような結果を出せれば御の字かなと思います」

次の スーパーGT ニュース
「やっと勝てた」と安堵の関口&中嶋。転がり込んだ優勝に、”勝負はここから”

前の記事

「やっと勝てた」と安堵の関口&中嶋。転がり込んだ優勝に、”勝負はここから”

次の記事

立川祐路「34号車のことを考えると、やるからには中途半端なレースはできなかった」 

立川祐路「34号車のことを考えると、やるからには中途半端なレースはできなかった」 
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース