第5戦富士500マイル開幕、公式練習は赤旗2度の大波乱。23号車ニスモ首位

シェア
コメント
第5戦富士500マイル開幕、公式練習は赤旗2度の大波乱。23号車ニスモ首位
執筆: 松本 和己
2018/08/04 3:12

2018スーパーGT第5戦富士GT500マイルレースが開幕。土曜午前の公式練習は、2度の赤旗中断となる波乱の展開となった。

 富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第5戦、富士GT500マイルレースの公式練習が行われ、GT500クラスは#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)、GT300クラスは#10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/吉田広樹)がセッショントップとなった。

 8時40分にセッションがスタートした段階で、富士スピードウェイはすでに気温28度、路面温度35度。湿度が高く蒸し暑いコンディションの中で続々とマシンがコースインしていった。

 今回はシーズン最長距離の500マイルレース。各陣営が今後のセッションに向け、それぞれの走行プログラムを進めていき、タイムも緩やかに更新されていった。

 そんな中、セッション開始から30分を終えた時点でタイムシートのトップにつけたのはランキング3位の#23 MOTUL AUTECH GT-R。2番手には#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rと日産陣営が続き、3番手は#36 au TOM’S LC500、4番手に#17 KEIHIN NSX-GTというオーダーだった。

 走行開始から33分を経過した頃、TGRコーナーで大クラッシュが発生。#38 ZENT CERUMO LC500が何かトラブルを抱えたのか、全く止まりきれずスピン状態となり、そのままピットアウト直後でコーナーに進入していた#34 Modulo KENWOOD NSX GT3のリヤに追突してしまった。コース上には多くのパーツが散らばり、赤旗が掲示され走行中断となった。

 #38 ZENT CERUMO LC500はマシンのフロント、リヤ部分が大破。エンジン付近から炎も上がったが、幸いこれはすぐに消火された。ドライブしていた立川祐路は、よろめきながらも自らマシンを脱出した。

 マシンリヤ部に大きなダメージを負った#34 Modulo KENWOOD NSX GT3には道上龍が乗っていたが、大きな衝撃を受けたようでマーシャルの手によってマシンから救出された。道上はメディカルセンターへと搬送されたが命に別状はなく、セッション中にチームのピットへと戻った。

 約15分ほどの中断の後、走行再開。赤旗によって失われた走行時間を取り戻そうと、一斉にマシンがコースインした。

 ここで、#36 au TOM’S LC500がタイムアップ。#23 MOTUL AUTECH GT-Rを上回りトップに浮上した。#16 MOTUL MUGEN NSX-GTも3番手にポジションアップするが、ピット出口でマシンがストップし、ピットボックスまで戻される場面もあった。

 GT500とGT300の混走時間が残り15分に迫った頃、#9 GULF NAC PORSCHE 911がメインストレートのコースサイドにマシンを止めたため、セッション2度目の赤旗が掲示され走行中断。9号車は左フロントタイヤにトラブルがあったようで、久保凛太郎はマシンを降り左フロントをチェックしていた。

 約10分の中断を経て走行再開となり、2度の赤旗を受けて走行時間が10分延長された。この時間帯では各チームがそれぞれのメニューをこなし、大幅なタイムアップはなかった。通常、予選に向けてのシミュレーションが行われることが多いGT500クラスの専有走行に入っても、自己ベストを塗り替えてくるマシンはあまり多くはなかった。しかしセッション終了が近づくと日産GT-R勢が続々とタイムアップ。特にランキング3位で62kg分のウエイトハンディがある#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2度トップタイムを更新し、1分29秒420をマーク。セッションをトップで終えた。

 2番手には#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、3番手には#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが入り、終わってみれば日産GT-R勢がトップ3を独占。レクサス勢最上位は4番手の#36 au TOM’S LC500、5番手の#16 MOTUL MUGEN NSX-GTがホンダ勢トップとなっている。

 GT300クラスは、セッション序盤から#10 GAINER TANAX triple a GT-Rと#55 ARTA BMW M6 GT3が上位につけた。G専有走行に入ってもオーダーに大きな変化はなく、#10 GAINER TANAX triple a GT-Rがクラストップでセッション終了。#55 ARTA BMW M6 GT3が2番手となった。

 3番手は#34 Modulo KENWOOD NSX GT3となったが、クラッシュによるマシンへのダメージが大きく、決勝までのマシン修復は厳しい状態とのことだ。

スーパーGT第5戦 富士GT500マイルレース 公式練習 GT500タイム結果

1. #23 MOTUL AUTECH GT-R/1'29.420
2. #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/1'29.513
3. #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/1'29.652
4. #36 au TOM’S LC500/1'29.747
5. #16 MOTUL MUGEN NSX-GT/1'29.866
6. #6 WAKO’S 4CR LC500/1'30.205
7. #12 カルソニック IMPUL GT-R/1'30.229
8. #17 KEIHIN NSX-GT/1'30.289
9. #19 WedsSport ADVAN LC500/1'30.355
10. #1 KeePer TOM'S LC500/1'30.416
11. #64 Epson Modulo NSX-GT/1'30.689
12. #38 ZENT CERUMO LC500/1'30.785
13. #100 RAYBRIG NSX-GT/1'30.839
14. #8 ARTA NSX-GT/1'30.947
15. #39 DENSO KOBELCO SARD LC500/1'31.128

次の スーパーGT ニュース
公式練習中に大クラッシュを喫した34号車NSX、レース出走を断念

前の記事

公式練習中に大クラッシュを喫した34号車NSX、レース出走を断念

次の記事

HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!

HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース