富士GT500マイル:GT500はカルソニック IMPUL GT-Rがトップでレース折り返し

シェア
コメント
富士GT500マイル:GT500はカルソニック IMPUL GT-Rがトップでレース折り返し
執筆: 松本 和己
2018/08/05 9:35

スーパーGT第5戦富士、500マイルレースの折り返しを迎え、#12 カルソニック IMPUL GT-Rがトップに立っている。

 2018スーパーGT第5戦富士GT500マイル。決勝スタートから2時間30分が経過、レース折り返しを迎え#12 カルソニック IMPUL GT-Rがトップに立っている。

 エンジントラブルによって予選に出走できなかった#17 KEIHIN NSX-GT、公式練習の大クラッシュから夜を徹して修復された#38 ZENT CERUMO LC500も無事グリッドにつき、GT500クラスは全15台で争われることとなった。

 朝から富士スピードウェイ上空は厚い雲に覆われていたものの、グリッドウォークが始まる頃には青空が覗き始め気温31度、路面温度47度、湿度67%と週末一番の暑さの中で決勝スタート時刻を迎えた。

 スタートでは、ポールポジションの#23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)がトップをキープ。#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rの高星明誠が続いた。このトップ2はセクター最速タイムを更新し合いながら後続に対してギャップを築いていった。

 クインタレッリが20周を終えて6秒までリードを広げる一方で、関口が徐々に高星が迫っていく。22周を終える頃には完全にテール・トゥ・ノーズ。そのまま23周目のTGRコーナーでオーバーテイクを成功させた。高星は26周目に#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)にも先行を許した。

 タイヤがタレてきたのか、周回数が30に近づくにつれてクインタレッリのペースが落ち始め、1周1秒近くそのギャップを吐き出していった。関口に完全にテールに張り付かれたクインタレッリは、31周終了時点でピットへ。ギリギリまで関口がスリップに入っており、危うく接触しかける場面もあったが、大きな問題とはならなかった。

 #36 au TOM’S LC500は36周を終えてピットイン。しかしピット作業が1分近くかかってしまった。全車がルーティーンを終えて、トップは再び#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)。2番手に#12 カルソニック IMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)、3番手に#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)と、GT-R勢がトップ3を占めることになった。

 ピットアウト直後からペースの上がらない松田にマーデンボローが近づくが、なかなかオーバーテイクすることができず。1秒以内の接近戦が長く続いたが、55周目のコカコーラコーナーでついにオーバーテイクに成功しトップに立った。さらに松田は、オリベイラを交わした中嶋一貴に一気に差を縮められ、64周目のTGRコーナーで再び先行を許した。

 たまらず、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは69周を走り終えて2度目のピット作業。翌周にトップの#12 カルソニック IMPUL GT-R、73周終了時点で#36 au TOM’S LC500が2度目のピットへ。しかし#36 au TOM’S LC500にはまたしても右リヤタイヤの交換でタイムロス。1度は交わしたはずの#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(高星)の後塵を拝することになった。

 ピットアウトしてきた#1 KeePer TOM'S LC500(キャシディ)に前を塞がれる形となった高星の隙を見逃さなかった関口がオーバーテイク。続いてキャシディもダンロップコーナーで料理し、関口が3番手に復帰した。

 レース折り返しを過ぎた90周終了段階で、トップの#12 カルソニック IMPUL GT-Rは10秒ほどのリード。2番手の#23 MOTUL AUTECH GT-Rと3番手の#36 au TOM’S LC500は7秒差だ。

 ポイントリーダーの#39 DENSO KOBELCO SARD LC500は9番手、ランキング2位の#100 RAYBRIG NSX-GTは黄旗無視があり、10秒のストップ&ゴーペナルティを受けたこともあって11番手となっている。

次の スーパーGT ニュース
GT300クラス|レース前半を終え、#55 ARTA BMW M6 GT3が大量リード

前の記事

GT300クラス|レース前半を終え、#55 ARTA BMW M6 GT3が大量リード

次の記事

スーパーGT第5戦富士500マイル決勝速報:36号車au TOM’S LC500が優勝!

スーパーGT第5戦富士500マイル決勝速報:36号車au TOM’S LC500が優勝!
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース