GTA坂東会長、クラス1規定下で”NSXのシリーズ除外”はないと断言

シェア
コメント
GTA坂東会長、クラス1規定下で”NSXのシリーズ除外”はないと断言
執筆: 松本 和己
2018/09/18 8:54

GTAの坂東正明会長は、スーパーGTのクラス1規定導入が進んでいく中においても、ホンダのNSX-GTがシリーズから除外されるようなことはないと明言した。

 スーパーGTを運営するGTアソシエイションの坂東正明会長は、クラス1規定の下でミッドシップレイアウトのホンダNSX-GTがスーパーGTのシリーズ戦から除外されるようなことはないと明言した。

 今年8月、第5戦富士で開かれた定例会見で坂東会長は、DTMとのジョイントイベントを2019年から年2回行い、2020年以降はそれをクラス1規定の下で行う方向で調整していると話していた。

 クラス1規定では、マシンはFR(フロントエンジン後輪駆動)車と規定されているため、エンジンを車体中央に配するミッドシップレイアウトを採用しているホンダのNSX-GTは”レギュレーション外”となる。

 そのため2020年以降、クラス1規定の下でジョイントイベントが開催されれば、NSXは参戦できない可能性が生じるのだ。

 一方で、第6戦SUGOの定例会見に出席した坂東会長は、今後もミッドシップだからといってNSXをスーパーGTのシリーズから除外するようなことはないと断言した。

「ジョイントイベントについての考え方をまとめあげようと、(DTMを統括する)ITRと粛々と(話し合いを)進めています」

「クラス1規定とホンダのNSX-GTについて誤解があるようですが、2019年のジョイントイベントについてはクラス1規定+αで行いますから、当然NSXは参加できます」

「2020年のジョイントイベントについては現時点でクラス1規定で行いましょうという方向で調整をしていますが、2020年のスーパーGTのシリーズ戦にNSXが出られないという話はどこにもありません」

 坂東会長は、日本のモータースポーツを確固としたものに築き上げるためには、トヨタ・日産・ホンダの3メーカーとの協力が不可欠だと話した。

「GTAとしては国内のレースを潰してクラス1規定にするつもりはありません。トヨタ・日産・ホンダがあって、GTAがあって日本のモータースポーツを作り上げるという理念に変わりはありません。最終的にクラス1規定にたどり着けばベストだと思いますし、そうなるようにやっていきますけども、現在の状況下でスーパーGTは”クラス1規定だ”と謳うにはもう少し時間がかかります」

「ですからスーパーGTのシリーズ戦においては、共通パーツを使用しコストを抑えて、ミッドシップとFRが共存共栄していくということです。できるだけ同一条件の中でやっていくけども、できないところはプラスαの部分としてやっていきます」

 まずは来年実際にDTMとのジョイントイベントを行い、それからDTM側の意見も聞きながら方向性を決めていきたいと坂東会長は語った。

「2019年のジョイントイベントを迎えて、みんなで戦い全体的な構図が見えてきた上で、2020年のジョイントイベントについて考えていきます」

「(DTM最終戦)ホッケンハイムで、ジョイントイベントに対するレギュレーションと共通パーツに関して話し合い、早めに合意をして調印式をやりたいですね。ホッケンハイムでできるのか、(ITR代表のゲルハルト)ベルガーに日本に来てもらって、もてぎでやるのかは分かりませんが、粛々と進めていきます」

NSXの最低重量10kg増は3メーカー均衡化のため

 また、今回の第6戦SUGOからNSX-GTの車両最低重量が10kg引き上げられた。これによりレクサスLC500、日産GT-Rの最低重量は共に1020kgなのに対し、ホンダNSX-GTは1044kgとなる。

 このことについて坂東会長は、トヨタ・日産・ホンダの3メーカー間の均衡化を図ったためだと語った。

「2014年からミッドシップハンデというものを、3メーカーと我々とで話し合いをして作りました」

「昨年、ショートコースの岡山と高速サーキットの富士を見た中で、3メーカーの均衡化を図るということで15kgの軽量化がされました。それからチームの頑張り、ホンダさんの頑張り、セットアップ諸々に進化があったので、さらなる均衡化を図っていくということで、10kgの重量増というところで落ち着かせることができました」

「当然、ウエイトを載せられる方は嫌ですし、ライバルからは重量追加が足りないという声も上がります。でも、そういうことではない。(スーパーGTは)勝ち逃げをやるレースではありません。GTAとしては3メーカーの均衡を図りながらモータースポーツのファン作りと技術競争、魅力あるレースなど色々な部分を加味していかなければなりません」

次の スーパーGT ニュース
高橋国光総監督「山本選手の予選PPで流れを引き寄せられた」

前の記事

高橋国光総監督「山本選手の予選PPで流れを引き寄せられた」

次の記事

星野一樹、久々の表彰台獲得に男泣き。残り2戦でさらなる逆襲誓う

星野一樹、久々の表彰台獲得に男泣き。残り2戦でさらなる逆襲誓う
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース