スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

2年目のK-tunes Racingが新カラーリング公開、新田は残留もパートナー未定

シェア
コメント
2年目のK-tunes Racingが新カラーリング公開、新田は残留もパートナー未定
執筆:
2019/01/12 7:40

スーパーGT(GT300)クラスに参戦するK-tunes Racingが2019年の参戦体制とマシンのカラーリングを発表した。

 幕張メッセで行われている東京オートサロン2019の会場で、K-tunes Racingが2019年版の新カラーリングをお披露目した。

 K-tunes Racingは岡山トヨペットが母体となっているチームで、昨年からスーパーGTに参戦を開始。新田守男/中山雄一のコンビでレクサスRC F GT3を駆り、第3戦鈴鹿と第7戦オートポリスで優勝を果たした。しかし、その他のレースで思うようにポイントを稼げず、シリーズランキング6位に終わった。

 2019シーズンも影山正彦監督のもと、レクサスRC F GT3で参戦。東京オートサロンのプロジェクトミューブースでマシンのカラーリングが披露され、昨年とは異なる白と黒がメインのデザインとなった。

 ドライバーは昨年に引き続き新田守男が第1ドライバーを務めるが、第2ドライバーに関しては未定の模様。後日改めて発表することになるという。

次の記事
GT300王者のLEON RACING、2019年も65号車のまま黒澤&蒲生で参戦

前の記事

GT300王者のLEON RACING、2019年も65号車のまま黒澤&蒲生で参戦

次の記事

1号車RAYBRIG NSX-GTのテストカラーが登場、バトン「1番というのが何より嬉しい」

1号車RAYBRIG NSX-GTのテストカラーが登場、バトン「1番というのが何より嬉しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita