日産&ニスモ、『NISMO Festival』の開催見送りを発表。新型コロナ感染拡大で2年連続

日産自動車とニスモは、オフシーズンに毎年開催しているファン感謝イベント「NISMO Festival」の2021年の開催を見送ると発表。昨年から2年連続で開催されないこととなった。

日産&ニスモ、『NISMO Festival』の開催見送りを発表。新型コロナ感染拡大で2年連続

 日産自動車株式会社とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、9月10日に2021年のNISMO Festival開催見送りを発表した。

 NISMO Festivalは、トヨタやホンダのファン感謝イベントと並び、日本のオフシーズンにおける定番イベントとなってきた。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け中止となっていたが、今年は23回目の開催を目指して準備が進められてきた。

 しかし現在の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、2021年の開催も見送られることに。来場客や協力チーム、出典社、従業員の健康と安全を最優先に考えた結果とされている。

 日産とニスモは開催見送りを発表したプレスリリースの中で「楽しみにしていただいていたファンの皆様には大変申し訳なく、また私たちもとても残念に思っています」と記している。

 なお日産側は一日も早くNISMO Festivalの開催が可能となることを願い、ファンと共に楽しめる日に向けて、イベント内容を更に充実させながら、継続して準備を進めていくとしている。

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパー耐久第4戦オートポリス:視界不良で1時間中断したレースでマクラーレンが初優勝
前の記事

スーパー耐久第4戦オートポリス:視界不良で1時間中断したレースでマクラーレンが初優勝

次の記事

【スーパー耐久】水素エンジンカローラがさらに進化。給水素時間は2分、ペースも上位クラスに匹敵するレベルに

【スーパー耐久】水素エンジンカローラがさらに進化。給水素時間は2分、ペースも上位クラスに匹敵するレベルに
コメントを読み込む