ポルシェ・カイエン、ランクル・プラドがスーパーGTを支えるFRO車両に仲間入り

シェア
コメント
ポルシェ・カイエン、ランクル・プラドがスーパーGTを支えるFRO車両に仲間入り
執筆:
2019/04/14 1:52

スーパーGTのレース運営を支えるFRO車両として、ポルシェ カイエン、トヨタ ランドクルーザー プラドがGTAに贈呈された。

FRO車両贈呈式
FRO車両贈呈式
FRO車両贈呈式

 スーパーGTのレース運営を支えるFRO車両にポルシェ カイエン、トヨタ ランドクルーザー プラドの2台が仲間入りした。

 FROはファースト・レスキュー・オペレーションの略称で、マシンにドクターやファイヤー&レスキューのスタッフが同乗。クラッシュなどの現場に駆けつけ、迅速な救出活動を行う、スーパーGT独自のスペシャリストチームだ。

 2019シーズンの開幕戦岡山で、ポルシェジャパン株式会社・代表取締役社長の七三五木敏幸氏、大阪トヨペット株式会社・執行役員の木原憲一氏から、スーパーGTを運営するGTAの坂東正明代表へとマシンが贈呈された。

 新たに加わったこの2台はシーズン全戦に帯同し、より円滑なレース運営とドライバーの安全を支える重要な役割を担っていくことになる。

次の記事
日産勢の先行を許すも全く動じず、1号車ジェンソン・バトン 「レースが一番重要、自信はある」

前の記事

日産勢の先行を許すも全く動じず、1号車ジェンソン・バトン 「レースが一番重要、自信はある」

次の記事

マクラーレン720S GT3の荒聖治「決勝ではやれるだけのことをして少しでも順位を上げたい」

マクラーレン720S GT3の荒聖治「決勝ではやれるだけのことをして少しでも順位を上げたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦:岡山
執筆者 松本 和己
まずは最新ニュースを読む