スバル、1月15日開始のバーチャルオートサロンで『BRZ GT300 プロトタイプ』の走行動画を公開

スバルは、1月15日からスタートするバーチャルオートサロンに出展。2021年シーズンのスーパーGTに向けて開発中のBRZプロトタイプの走行動画を公開する。

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
1/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
2/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
3/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
4/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
5/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
6/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
7/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
8/9

写真:: Subaru

SUBARU BRZ GT300 Prototype

SUBARU BRZ GT300 Prototype
9/9

写真:: Subaru

 スバルは、1月15日(金)~11月30月(火)にオンラインで開催される『バーチャルオートサロン』に出展し、2021年のスーパーGT GT300クラス参戦に向けて開発中の『SUBARU BRZ GT300 2021』(プロトタイプ)の走行動画を初公開すると発表した。

 『SUBARU BRZ GT300 2021』は、昨年11月に発表された新型BRZのボディをベースにしている。12月27日にスバルの公式YouTubeチャンネル『SUBARU On-Tube』で行なわれたオンラインイベント『SUBARU MOTORSPORT ファン感謝の集い 2020』では、このマシンのテストの様子がわずかながら公開されていた。

 スバルは例年、東京オートサロンでモータースポーツ活動の体制発表を行なってきた。新型コロナウイルスの影響で残念ながら今年の会場開催は中止となったが、動画を「シーズン開幕を楽しみにお待ちいただいているファンの皆さまにお届けします」としている。

 なお、この動画は1月17日18時からSUBARU On-Tubeでの一般公開も予定されている。

 またスバルはバーチャルオートサロンへの出展で、2020年シーズンのダイジェスト動画や参戦車両画像、ドライバー画像と共に、スバルが参戦しているスーパーGT、全日本ラリー、86/BRZレースを振り返るとしている。合わせてSUBARUオンラインショップでもキャンペーンを実施するとのことなので、そちらも要チェックだ。

Read Also:

シェア
コメント
2020年ホンダ系ドライバーの大活躍は、相乗効果の賜物?:佐藤琢磨インタビュー

前の記事

2020年ホンダ系ドライバーの大活躍は、相乗効果の賜物?:佐藤琢磨インタビュー

次の記事

ホンダが2021年スーパーGT体制発表。王者コンビ変わらず、大湯がステップアップ

ホンダが2021年スーパーGT体制発表。王者コンビ変わらず、大湯がステップアップ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT