埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

シェア
コメント
埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入
執筆:
2020/01/10 6:57

スーパーGTやスーパー耐久に参戦する埼玉トヨペットGreen Braveは、東京オートサロンで2020年のモータースポーツ活動体制発表を行ない、新たにGR SUPRA GTを投入することを明かした。

 幕張メッセで行なわれている東京オートサロン2020。その初日である1月10日(金)には、スーパーGTのGT300クラス、及びスーパー耐久に参戦する埼玉トヨペット Green Braveが2020年のモータースポーツ活動体制を発表した。

 2020年シーズンのスーパーGT参戦体制は、使用するマシンをこれまでのマークX MCから、新たに開発したGR SUPRA GT(JAF-GT)へと変更することを明かした。

 マシンは昨年12月にシェイクダウンを完了。カラーリングは現時点ではGreen Braveのカモフラージュがなされたものとなっており、今後も開発を進めていくという。

 また、ドライバーラインアップも昨年から変更があった。吉田広樹は2020年も継続参戦し、その相方に川合(かわあい)孝汰を起用する。

 川合はこれまで、FIA-F4を中心としたフォーミュラカーレースに参戦しており、2019年のFIA-F4ではランキング3位となった。2020年はGTカーの世界に飛び込むが、新人らしい走りをし、GTカーに時間をかけずに適応したいと意気込んだ。

Read Also:

次の記事
GSRが2020年版カラーリングを公開。左右異なる表情のレーシングミクに注目

前の記事

GSRが2020年版カラーリングを公開。左右異なる表情のレーシングミクに注目

次の記事

ホンダが2020年GT500体制を発表。笹原右京がMUGENに電撃加入

ホンダが2020年GT500体制を発表。笹原右京がMUGENに電撃加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT , スーパー耐久
チーム 埼玉トヨペットGreen Brave
執筆者 永安陽介