96号車新田守男「良い方向性が見つかった。RC F GT3の長所を伸ばすことが重要」

シェア
コメント
96号車新田守男「良い方向性が見つかった。RC F GT3の長所を伸ばすことが重要」
2018/04/03 8:38

96号車K-tunes Racingは決勝レースを見据えたプログラムを消化。191周を走破し、セットアップの道筋を立てた。【K-tunes Racing LMcorsa Test Report】

 わずか1週間前の3月17日(土)、18日(日)に行なわれた岡山国際サーキットでの公式テストでは、新田守男選手がほぼ初走行となったにも関わらず、2日目にGT300クラスの29台中11番手のタイムをマークして、想定していたテストプログラムを順調に終えたK-tunes Racing LM corsa。

 1週間のインターバルを経て開催された富士スピードウェイでの公式テストも、第2ドライバーとなる中山雄一選手が、ニュルブルクリンクでのレース参戦により欠席となり、新田選手が担当することになった。

 第2回となった富士スピードウェイでの公式テストは、3月24日(土)と25日(日)の2日間に渡って開催。走行時間は、両日ともに2時間のセッションが2回あり、2日間で8時間の走行枠が設けられていた。

 まず、1本目のセッションは24日の10時からスタート。天気は予報通りの曇り空で、一時的に陽が差すこともあったが気温は10℃前後と、この時期にしては寒い一日となった。

 K-tunes RC F GT3は、持ち込みのセットアップを確かめるとともに周回を重ねていく。8周を走行した時点でピットに戻り、マシンの確認を行ない再びコースイン。タイヤのウォームアップが終わると徐々にタイムアップし、14周目に1回目のセッションのベストタイムとなる1分37秒940を記録。1時間が経過した時点で、27台がエントリーしたGT300クラスの中で8番手となる。その後は赤旗によるセッション中断もあったが、順調にプログラムを消化。結果として46周を走行し、1分37秒940のベストタイムにより12番手となった。

 2時間を空けて14時からスタートした2本目のセッション。K-tunes RC F GT3は、5〜8周前後を走行してピットインを繰り返しながら、持ち込まれたタイヤの比較を行ないつつ、セットアップを進めた。3回に及ぶ赤旗中断が発生したために、セッションは予定していた終了時間の16時から10分延長されることとなった。2本目のセッションは合計で50周を走行し、ベストタイムは午前中を上回る1分37秒727をマーク。順位は15番手となった。

 公式テスト2日目を迎えた富士スピードウェイは快晴で、多くの来場者を集めて3回目と4回目のセッションが実施された。この日は新田選手のコメントにより、リアのトラクション性能を向上させるセットアップを施すことと、前日と同様にタイヤの比較が行なわれた。

 まず、9時15分から2時間に渡って行なわれた3本目のセッション。中盤以降は決勝レースのシミュレーションも含めた10周ほどの連続走行を実施したが、前半は5周程度のサイクルでピットインとアウトを繰り返した。合計で52周を走行し、32周目にマークした1分38秒139がベストタイムで、順位は20番手となった。

 13時45分からの4本目のセクションも細かくピットインとアウトを繰り返し、最終的なセットアップの煮詰めを実施した。このセッションのベストタイムも、午前中とほぼ同様の1分38秒137。順位も19番手だった。

 2018年のAUTOBACS SUPER GTシリーズに参戦するエントラントが一堂に会することになった2回目の公式テスト。K-tunes Racing LM corsaはタイムを狙うことはせずに、あくまで開幕戦や同じ富士スピードウェイで実施される第2戦のレースを想定してのプログラムに徹した。先日の岡山国際サーキットでの公式テストに比べて、順位としては下がっているが、それでも開幕戦に向けて良いセットアップが見つかったという。

 開幕戦の岡山国際サーキットラウンドは、チームの初陣に加えて地元での開催となる。多くの応援団も駆け付ける予定となっているので、チーム一丸となって好成績を狙いにいく。

<影山正彦監督>
「4回のセッションとも、上位のリザルトを狙ったわけではないので、他車に対する順位は気にしていません。決勝レースを見据えたシミュレーションでは、課題も見つかりましたが、良い反応もありました。ただ、昨シーズンに対してBoPでリストリクターが絞られています。トップスピードはそれほど変わらないのですが、トップスピードまでの到達時間が遅くなっています。スピードでは苦しくなっているので、良いセットアップを見つけないと好勝負は望めません。前回の岡山国際サーキットと今回のテストを踏まえて、開幕戦に向かいたいと思います」

<新田守男選手>
「今回のテストは、前回の岡山国際サーキットで実施したことに加えて、富士スピードウェイラウンドを見据えてのアレンジも行ないました。前回は、リアの動きに不満があったのですが、2日間を通して色々なセッティングを試した結果として、良い方向性が見つかりました。これは、開幕戦となる岡山国際サーキットでも通じることなので、ポジティブに考えています。ただ、リストリクター径の縮小で、パワーが出なくなっているのは気掛かりです。開幕戦では、RC F GT3の長所をさらに伸ばして戦うことが重要になります」

【K-tunes Racing LMcorsa Test Report】

次の スーパーGT ニュース
ARTAのウォーキンショー「力強い開幕スタートが切れそう」

前の記事

ARTAのウォーキンショー「力強い開幕スタートが切れそう」

次の記事

吉本大樹「宮田莉朋選手のデビュー戦でもあるので、好成績を狙いたい」

吉本大樹「宮田莉朋選手のデビュー戦でもあるので、好成績を狙いたい」

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 富士公式テスト
サブイベント 2日目
ドライバー 新田 守男
記事タイプ プレスリリース