石浦宏明「同じタイヤを履いたライバルにも負けてしまった。原因を見つけてタイに向かう」

シェア
コメント
石浦宏明「同じタイヤを履いたライバルにも負けてしまった。原因を見つけてタイに向かう」
2018/05/22 7:03

石浦宏明は第3戦鈴鹿を振り返り、同じタイヤを履いたライバルにも負けた原因についてチームと話し合い、次戦のタイに向かうと話した。【LEXUS TEAM ZENT CERUMOプレスリリース】

2018 AUTOBACS SUPER GT Report
SUZUKA GT 300km
第3戦 鈴鹿サーキット
ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明
◆5月20日(日)RACE
決勝結果 8位

 強風が吹き荒んだ公式予選から一夜明け、SUPER GT第3戦鈴鹿は5月20日(日)、決勝日を迎えた。朝から晴天に恵まれた鈴鹿サーキットには3万3000人もの観衆が訪れ、午前10時から行われたピットウォークも、大きな賑わいをみせた。

 前日の予選では10番手と苦しい結果に終わってしまったLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、決勝レースでの逆襲を狙うべく改良点を見出し、作業を行い決勝前のウォームアップ走行に備えた。ただ、午後1時05分から予定されていたウォームアップは、サーキットの計時システムトラブルで40分遅れる。その後のスケジュールも40分遅れることになってしまった。

 そんななか、ウォームアップ走行でZENT CERUMO LC500は石浦宏明がステアリングを握りコースへ。立川祐路に交代しながら周回を重ね、1分51秒553というベストタイムをマーク。6番手で終える。

 午後3時20分からスタートしたパレードラップ、そして1周のフォーメーションラップに続きスタートした52周の決勝レース。ZENT CERUMO LC500は立川がステアリングを握り、まずは前を行く#19 LC500を追っていく。タイトな鈴鹿サーキットで上位陣はそれほどギャップが広がっていかず混戦模様。まだまだチャンスはありそうだ。

 立川はGT300クラスの周回遅れが出はじめると、これをうまく利用して7周目には#19 LC500をオーバーテイク。シングルポジションとなる9番手に浮上する。上位争いはまだまだ混戦で、立川もチャンスをうかがいながら首位を追った。

 迎えた12周目、デグナーカーブ立ち上がりで#39 LC500がストップしてしまったため、この回収のためにセーフティカーが導入される。17周目にセーフティカーは解除されるが、ここでGT500クラスは2台がピットイン。また、上位争いをしていたライバルもピットへ向かった。

 これを見たLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、早めにピットインしてクリアな状態で走行しようと21周を終えて立川をピットへ呼び戻した。チームは迅速な作業で石浦宏明をコースへ送り出す。コースにZENT CERUMO LC500が戻ると、前には2〜3周前にピットインを済ませていた#19 LC500、#3 GT-Rが、後方には1周後にピットインした#24 GT-Rがつける展開となった。

 石浦は本来クリアなスペースで自分のペースを守りたいところだったが、2台のライバルとのバトルを展開することになってしまう。前を行く#3 GT-Rはペースも速く、なかなか石浦も仕掛けることができない。

 そんななか、今度は後方からハイペースで追い上げてきた#36 LC500が迫ってきた。39周目、石浦は#36 LC500に先行を許してしまい、これでポジションは9番手となってしまう。しかし石浦は、今度は#3 GT-Rが抜き前に出てきた#19 LC500を41周目にオーバーテイク。これでひとつポジションを戻し、9番手に浮上した。

 ただ最後まで#3 GT-Rを抜くことはできず、ZENT CERUMO LC500は8位でフィニッシュした。苦しい展開ではあったが、貴重なポイントを持ち帰ることには成功した。苦戦のなかでもしっかりと得点することは、目指すチャンピオンに向けては重要な要素だ。LEXUS TEAM ZENT CERUMOは次戦、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで開催される第4戦で逆襲を狙う。

ドライバー/立川祐路
「予選順位からひとつでも挽回しようと、序盤からプッシュしつづけました。ただ鈴鹿サーキットは後ろにつくとダウンフォースが抜けてしまい、オーバーテイクするのはなかなか難しかったです。1台をかわすことはできましたが、展開としてなかなか大きく順位を上げることができなかったです。最終的にポイントは獲ることはできましたが、苦しい週末になってしまいましたね。とはいえ積むウエイトハンデも少しですし、その分タイで大量得点を獲りにいきたいと思います」

ドライバー/石浦宏明
「セーフティカー明けで、早めに入ったマシンがクリアなスペースで入っているのを見て、すぐに入った方がいいと判断しました。ただ、ちょっとタイミングが遅かったかもしれませんね。ライバルのタイヤは温まりも良かったので、そのマシンに前に行かれ、付き合わされてしまったのは悔しいところです。そこからバトルを展開しながら走ることになりました。自分のペースがもう少し速ければ良かったのですが、同じタイヤのライバルにも負けていた。その原因がなんだったのかを見つけて次戦に挑まなければいけないと思うので、しっかりチームと話をしてタイに向かいたいと思います」

浜島裕英監督
「序盤立川選手が頑張ってくれていい位置につけることはできましたが、その後順位を落としてしまったのが悔しいですね。ただ、ピットクルーはできることをやってくれましたし、ドライバーも全力で戦ってくれた結果ですから。予選でもっと前にいなければいけなかったですね。次戦はタイですが、今年はチャンピオン争いも混戦で、ライバルもウエイトハンデが増えている。きちんと勝てるように準備をしていきたいと思っています」

【LEXUS TEAM ZENT CERUMOプレスリリース】

次の スーパーGT ニュース
吉本大樹「チームは最善の仕事をしてくれた。5位はベストな結果だがまだ実力をつける必要がある」

前の記事

吉本大樹「チームは最善の仕事をしてくれた。5位はベストな結果だがまだ実力をつける必要がある」

次の記事

今季2度目の3位獲得も、平川亮「あまり満足のいくレースではなかった」

今季2度目の3位獲得も、平川亮「あまり満足のいくレースではなかった」

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦鈴鹿GT 300km
ロケーション 鈴鹿サーキット
ドライバー 立川 祐路 , 石浦 宏明
記事タイプ プレスリリース