脇阪監督「6号車のトップタイムは僕たちにとって大きな意味がある」

シェア
コメント
脇阪監督「6号車のトップタイムは僕たちにとって大きな意味がある」
執筆: 吉田知弘
2018/03/17 12:17

2018スーパーGT岡山公式テスト1日目にトップタイムを記録したWAKO’S 4CR LC500の脇阪寿一監督が、今日のセッションを振り返った。

 岡山国際サーキットで始まった2018年のスーパーGT公式合同テスト。1日目のセッションは#6 WAKO’S 4CR LC500がトップタイムを記録。特に午後のセッション2は0.7秒以内に13台がひしめく接戦となったが、その中で大嶋和也が2番手以下を0.2秒以上引き離す速さをみせた。

 2018シーズンは大嶋和也とフェリックス・ローゼンクヴィストとのコンビで参戦する#6 WAKO’S 4CR LC500だが、ローゼンクヴィストはフォーミュラE参戦のため、今週末のテストは欠席。2日間とも大嶋のみでテストメニューをこなしている。

 午前中のセッション1では新品タイヤをあまり使わなかったこともあり8番手タイムに終わったが、午後のセッション2では終盤の専有走行で一気にタイムを更新。最終的に1分18秒017を叩き出し、初日総合トップを記録した。

 今シーズンの#6WAKO’S 4CR LC500は2月から本格的に始まった国内でのメーカーテストから好調。連日好タイムをマークし。例年以上に順調な仕上がりを見せていた。しかし、3月上旬に鈴鹿サーキットで行われたメーカーテスト1日目で、雨の中クラッシュを喫してしまいフロント部分を大きく破損。2日目のフロントカウルは急遽2017仕様を用い、テストに臨んでいた。

 そこからマシンを修復して迎える最初のテスト。とはいえ現在のGT500マシンは非常に精密であり、ただマシンを直したからといって同じようなパフォーマンスを発揮するとは限らない。それだけに、今朝の走り出しは脇阪監督にとって“緊張した瞬間”だったという。

「ここまで6号車はずっと速くてトップタイムもとってきて、この前の鈴鹿でも走り始めからベストタイムを叩き出したのに、その後クラッシュしてしまいました」

「もちろんクルマは修復しますけど、厳密には元通りにはならない。それで速かったクルマが知らず知らずのうちに遅くなっていくこともあるし、僕も経験しているから、ものすごい(今日の走り始めは)怖かったです」

「テストを何回か繰り返しながら、『今年の6号車は速いぞ』というのを皆に感じてもらえていたと思いますが、鈴鹿でクラッシュしてここ(岡山)で沈んでいたら、『あれ、6号車は大したことなくなったな』と思われると、開幕に向けて他チームとの立ち位置的なものも変わってきますからね」

「でも、チームには今日タイムを出しに行くようなテストもさせていないですし、メニュー通りきっちりやらしていましたけど、心の中では『絶対にトップタイム!』と決めていて、それを実際にこういう形で実現してくれました。鈴鹿で離れかけていた流れを、こっちに引き寄せることができたと思います。大嶋をはじめチームの皆はよくやってくれました」

「僕たちにとっては、大きな大きなトップタイムでした」

 また脇阪監督は、今季から新加入するローゼンクヴィストについても高評価。フォーミュラEとの兼ね合いで開幕前の公式テストは1日(3月24日の富士テスト1日目)しか参加できないという不安要素はあるが、大きな期待を寄せていると語った。

「昔から急に乗りこなせないカテゴリーだと言われていますが、僕たちの頃は特殊なクルマだったのに対して、今は完成されたクルマになっています。フェリックスのような優秀なドライバーが来ると、乗り慣れるのに時間がかからないのかなというのがありましたけど、その度合いがすごいです」

「今、世界基準で戦っているドライバーと大嶋でどういうパフォーマンスを出せるか、というのが僕に課せられた課題です」

「ちょっと心配ごとというと、今回の公式テストのようにトラフィックの中を彼はまだ走っていません。そういう意味では気にはしますけど、彼のレーススタイルを見ると、ぶつけながら抜いていくようなタイプじゃないし、クルマも壊しません。そう考えると大丈夫かなと思っています」

「あとはスーパーGT特有のルールもあったりするので、その辺をちゃんと教え込められればいいなと思います。その辺は次の富士でできればいいなと思っています」

「近年、ここまでクルマに乗らずに開幕を迎えるGT500ドライバーはなかなかいない。(その状況下で)開幕戦のフェリックスがどんなパフォーマンスを発揮するのかを見ていてもらえると、彼がどんな選手かというのが分かると思います。その点は、僕たちは大いに期待しています」

 開幕戦の舞台も、今回と同じ岡山国際サーキット。ほぼ毎年のようにトップ争いに絡んでいる#6 WAKO'S 4CR LC500だが、あと一歩のところで勝利を手にできない状態が続いている。今年は、その足りない部分を補って開幕戦に臨みたいと脇阪監督は語った。

「(岡山は)ずっと2位なんですよね。今年はいきたいです。(今まで)あと一歩足りなかったところがありました。フェリックスが来て新しい風が入ったことで、今までにないトライもしていますし、大嶋と我々とアンドレア・カルダレッリで今まで作り上げてきた土台のもと、フェリックスという新しい風を加えて、今まで足りなかった部分を補っていきたいですね」

次の スーパーGT ニュース
スーパーGT岡山公式テスト2日目午前はホンダ勢が速さを見せる

前の記事

スーパーGT岡山公式テスト2日目午前はホンダ勢が速さを見せる

次の記事

SGT岡山公式テスト1日目、セッション2はWAKO’Sが他を圧倒しトップ

SGT岡山公式テスト1日目、セッション2はWAKO’Sが他を圧倒しトップ

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1回岡山公式テスト
サブイベント 1日目
ドライバー 大嶋 和也
チーム Team LeMans
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース