D’station Porscheのミューラー「勉強になることがたくさんある」

GT300クラス参戦2年目を迎えた#7 D’station Porscheのスヴェン・ミューラーは、日本のスーパーGTは勉強になることが多く、戦いがいがあると語った。

 今シーズンも#7 D’station Porscheから参戦するスヴェン・ミューラー。4月8日に岡山国際サーキットで行われた開幕戦でも素晴らしい走りを見せ、藤井誠暢とともに2位表彰台を獲得し注目を集めた。

 現在はポルシェのワークスドライバーとして活動し、海外のレースにも多数参戦するなど多忙を極めるミューラーだが、その中でも今年はスーパーGTに全8戦フル参戦。日本のレーススケジュールを優先してでも、このカテゴリーで戦いたいという思いを語った。

 昨年もD’station Racingから参戦したミューラーだが、ADAC GTマスターズと日程が重複している3戦は欠場。それでも第2戦富士でいきなり3位表彰台を獲得すると、第7戦タイではウエット路面の中スリックタイヤでスタート。ウエットタイヤを履くライバルと遜色ないペースで走るなど、驚異のパフォーマンスを披露した。

 2シーズン目を迎えた2018年の開幕戦岡山では、予想以上の低温に予選こそ苦戦したものの、決勝では見事な挽回をみせ2位表彰台を獲得した。

「ここ岡山は、僕たちにとっては相性が良くないサーキットだけど、そこでこれだけ素晴らしい結果を出せたということは、次戦以降もかなり期待できると思う」

 そうレース後に語ったミューラー。今シーズンはポルシェのマシンがアップデートされており、特にフロント周りのダウンフォースが増えているとのこと。さらにレースで強いマシンに仕上がっているという。

「今シーズンのポルシェのマシンはフロント部分が大きく変わっている。ダウンフォースも増えているし、全体的にもパフォーマンスは上がっている。特にレースで力を発揮してくれるだろう」

 先述でも触れた通り、ミューラーはポルシェのワークスドライバーということで、ヨーロッパやアメリカで開催されるレースなどにも参戦するなど多忙な日々を過ごしている。それでも、今年はスーパーGTで本格的に戦うために、先にスケジュールを抑え、今年はフル参戦でGT300を戦うことになった。

 改めて、スーパーGTの魅力について訊くと、ミューラーはこのように語った。

「スーパーGTは大好きなカテゴリーだし、参戦することによってレーシングドライバーとして勉強になることもたくさんある。まずはGT500とGT300と異なるカテゴリーの車両が混走するということ。もちろん、ル・マンとか他のレースでも混走というのはあるけど、スーパーGTでのトラフィックというのはすごく難しい。全体の流れもマネジメントしながら、やりくりしていかないといけない」

「もう一つはタイヤ戦争があって、その中ですごくグリップ力の高いタイヤでレースができるということ。マシンのパフォーマンスをさらに引き出すことができるから、すごく楽しい。あとは日本のサーキットは特に鈴鹿とか富士とかチャレンジングなところばかりで、素晴らしい」

「そして何より、ファンが熱心だということ。ピットウォークとかでもこんなに多くのファンが来てくれて、サインを求められる……最初はすごく驚いた。正直、ドイツではこういった光景はあまり見られない。すごくいい雰囲気で大好きだ」

「昨年は5レースしか出られなかったけど、今年は全8戦に出場できる。チームにとっても1年間同じドライバーで戦えるというのは、すごく良いことだと思う。僕個人にとってもドイツ出身のドライバーとして日本のトップカテゴリーにフル参戦できるのはチャレンジングなことだし、素晴らしいことだ。もちろんチャンピオン獲得に向けて戦えるいうところも楽しみだ」

 今シーズンはGT500でもジェンソン・バトンやフェリックス・ローゼンクヴィストなど注目を集めている海外ドライバーが多いが、GT300では間違いなくスヴェン・ミューラーが一番の注目ドライバー。早くも同クラスのライバルたちも警戒を始めている。

 次回の第2戦富士はチームもマシンも得意としており、勝負どころとして狙っている1戦。シーズン前のテストでもトップタイムをマークし優勝候補として、さらに彼の走りに注目が集まりそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 2018 スーパーGT第1戦 OKAYAMA GT300km RACE
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー スヴェン ミュラー
記事タイプ 速報ニュース