立川祐路「手応えないままの予選。PPは予想できなかった」:LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018第2戦富士予選レポート

シェア
コメント
立川祐路「手応えないままの予選。PPは予想できなかった」:LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018第2戦富士予選レポート
2018/05/04 1:07

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018第2戦富士予選レポート #38 立川祐路/石浦宏明 公式予選総合結果 1位(1分27秒904)

2018 AUTOBACS SUPER GT Report
FUJI GT 500km RACE
第2戦 富士スピードウェイ
ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆5月3日(木・祝) QUALIFY

公式予選総合結果 1位(1分27秒904)

 ポイントこそ獲得したものの、予選までの苦戦や決勝での接触等、苦しい戦いとなった第1戦岡山から1ヶ月近く経ち、SUPER GTの2018年シーズンは第2戦富士スピードウェイを迎えた。ゴールデンウイークの一戦で多くのファンが訪れることはもちろん、LEXUS TEAM ZENT CERUMOにとって富士はホームコース。そして、2017年に優勝を飾っている思い入れのあるレースだ。

 第1戦で思うように獲得できなかったポイントの分も、このレースでは大量得点を狙いたい……。チームは準備をしっかりと整え、5月2日(水・祝)の搬入日を過ごした。ただ、チームが作業を終える頃、富士スピードウェイにはポツポツと雨が降り出した。次第に雨は強くなり、夜半には強い風雨が襲う。幸い5月3日(木・祝)の予選日早朝に雨はほとんど止んだが、路面はすっかり濡れていた。

 さらに、午前8時40分から予定されていた公式練習を前に、富士スピードウェイには少しずつ霧が立ちこめはじめた。霧はどんどんと濃くなると、LEXUS TEAM ZENT CERUMOのピットから、ファンが詰めかけているはずのグランドスタンドを目視することもできない状態に。大会競技長は、走行を前にしてセッションのディレイを宣言した。ただ、待てども待てども霧は薄くならず、午前10時15分に公式練習の中止が決定した。

 午後を前に、急遽午後0時50分から30分間の公式練習がリスケジュールされ、公式予選はノックアウト方式から20分間で計時される形式となり、ドライバー登録が不要になった。ただ、公式練習が設けられたとはいえ、30分間の走行でできることは非常に少ない。LEXUS TEAM ZENT CERUMOは立川祐路を予選のアタッカーに据え、30分間で予選に向けたセットアップの確認を行った。

 迎えた午後3時15分からのGT500クラスの公式予選。20分1回という通常とは異なるフォーマットだが、ステアリングを握った立川はまず一度コースインし、じっくりとタイヤを温めながらアタックを一度行っていく。セクター1でベストタイムを記録した立川は、まずは1分28秒790をマークし、あまり好感触は得ていないながらも6番手につけ、一度ピットに戻っていった。

 残り8分、立川はふたたびコースインし、チェッカーに向けてアタックを行っていった。残り2分というタイミングで、これまでも富士スピードウェイで数多くの栄冠を残してきた立川がその実力を発揮する。多くのマシンが1分28秒台前半を記録していくなか、ただひとり27秒台に入れる1分27秒904をマーク! さらにライバルを引き離すべく、セクター1でふたたびベストタイムを更新していった。

 ただ、ライバル勢がタイムを更新できないことを確認した立川は、そのままピットへ。ただひとり27秒台をマークした立川とZENT CERUMO LC500は、見事ポールポジションを獲得してみせたのだ。これで立川は他の追随を許さない通算23回目のポールポジション記録更新となった。

 5月4日(金・祝)の決勝に向けて、絶好の位置を獲得したZENT CERUMO LC500。霧による公式練習中止の影響で石浦はこの日、一度もステアリングを握ることはなかったが、これまでの実績から、「立川選手の走りを観て、クルマの状態も良さそうですし、富士は走り慣れていますから」と力強く語っている。昨年勝利の再現に向け、一歩近づいたと言えよう。

ドライバー/立川祐路
「変則的なスケジュールもあって、手ごたえもないままの予選になったので、今日のポールポジションは予想できなかったですね。それだけにすごく嬉しいです。1セット目のタイヤではあまりアタックはうまくいかなかったのですが、2セット目ではうまくアタックすることができました。今日はポールポジションを獲れましたが、明日は明日で違いますからね。それに今日はロングランが一切できていない。明日に向けては未知数なので、仕切り直してしっかり準備をし、ミスなくきっちり戦い、昨年と同じ結果を残せたらと思っています」

ドライバー/石浦宏明
「今日は一度もドライブしていないので、こんな不思議な気持ちのポールポジションは初めてですね(笑)。ただ去年も予選Q2を観ていて、ポールポジションを獲れるかな、と思っていたら立川選手がきっちり獲ってくれましたから。富士の“近道”を知っている立川選手にアタックしてもらって良かったです。明日は長いレースになりますが、ふだんのレース以上にミスをしないことが大事です。そうすれば結果は自ずとついてくると思いますので、僕も自分のベストを出し切って走りたいと思います」

浜島裕英監督
「ポールポジションを獲得できて良かったです。エンジニアがいいクルマを作ってくれて公式練習からクルマの状態も良かった。今のSUPER GTは接戦で、走りはじめのスタートで出れてしまうと、取り返すことが本当に難しい。このレベルであれば立川選手ならポールポジションを狙えると感じていました。昨年はこのレースで優勝できましたが、内容としては決していいレースではなかった。展開で勝てた部分もあったので、今日のいいクルマをしっかり保ち、タイヤに合わせてセットアップできれば、いい結果が残せるのではないでしょうか」

次の記事
吉本大樹「持ち込みセットアップが良く、ポジティブだ」:LMcorsa スーパーGT Rd.2 富士 予選日レポート

前の記事

吉本大樹「持ち込みセットアップが良く、ポジティブだ」:LMcorsa スーパーGT Rd.2 富士 予選日レポート

次の記事

中山雄一「遅いマシンに引っかかってしまい、タイムアップの機会を逃した」:K-tunes Racing LM corsa スーパーGT富士 予選レポート

中山雄一「遅いマシンに引っかかってしまい、タイムアップの機会を逃した」:K-tunes Racing LM corsa スーパーGT富士 予選レポート
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦FUJI GT 500km RACE
サブイベント 予選日
ロケーション 富士スピードウェイ
ドライバー 石浦 宏明 , 立川 祐路
チーム セルモ
まずは最新ニュースを読む