予選15番手も、松田次生「決勝は良い方向になるはず」とポイント狙う

シェア
コメント
予選15番手も、松田次生「決勝は良い方向になるはず」とポイント狙う
執筆: 松本和己
2018/05/19 13:25

スーパーGT第3戦鈴鹿、予選15番手となった#23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生は、ポイント獲得を目指して戦っていくと語った。

 鈴鹿サーキットで開催されているスーパーGT第3戦。#23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生は、決勝ではポイントの獲得を目指していくと語った。

 ポイントリーダーとして今回の予選に臨んだ#23 MOTUL AUTECH GT-R。しかし、予選では予想以上のハイペースにのまれ、Q1でノックアウト。最後尾の15番手で決勝を迎えることになった。

「アタック自体は決して悪くはありませんでした」

 予選後、松田はそうセッションを振り返った。実際、公式練習の時点で想定していたタイムは出せていたという。

「公式練習は1分46秒9で11番手だったので、Q1は46秒台前半いければいいかなと思って走っていて、想定タイムは出せました。ただ、予想以上にみんなの(タイムの)上がり幅が大きかったです」

 松田が記録したQ1タイムは、1分46秒306。昨年までのGT500クラスのコースレコードを1秒上回っている。しかし、Q1進出のために必要だったのは1分45秒9以上。これまで8月に開催されていた鈴鹿ラウンドとは、スピードレンジがまるで違ったのだ。

 加えて、ポイントリーダーの#23 MOTUL AUTECH GT-Rは唯一、燃料流量リストリクターでのパワー制限を受けている。国内サーキットの中でも全開区間が長い鈴鹿サーキットにおいて、そのハンデは思った以上に大きかったようだ。

「今のスーパーGTは結構僅差なので、ウエイトを積んで燃リスの制限が入ると、今までとは違って楽じゃないなと感じました」

「ストレート区間で時速3〜4km負けているので、軽いクルマと比べると相当ハンデが効いてきてつらかったです」

 三重県桑名市出身の松田にとって鈴鹿はホームコースだということもあり、風がかなり冷たい中でも、キッズウォークの時間ギリギリまでファンと触れ合っていた姿が印象的だった。決勝に向けたタイヤ選択を行っていたこともあり、その表情も暗くなくポイントを上積みすることを目標にすると意気込んでいた。

「明日の決勝は良い方向に行くと思います。結構硬めのタイヤなので、今日の気温くらいだったら良い感じになると思います」

「目標はとりあえずポイントを獲ることなので、10位以内を目指してひとつひとつ順位を上げられるように頑張ります」

次の スーパーGT ニュース
野尻智紀が驚速レコード記録! ARTA NSX-GTが今季初ポールを獲得

前の記事

野尻智紀が驚速レコード記録! ARTA NSX-GTが今季初ポールを獲得

次の記事

僅差で予選2番手だった山本尚貴「明日は8号車との一騎打ちになる」

僅差で予選2番手だった山本尚貴「明日は8号車との一騎打ちになる」

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦鈴鹿GT 300km
ロケーション 鈴鹿サーキット
執筆者 松本和己
記事タイプ 速報ニュース