スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

坪井翔、第2戦富士で小林可夢偉の代役に抜擢「精一杯力を出し切りたい」

シェア
コメント
坪井翔、第2戦富士で小林可夢偉の代役に抜擢「精一杯力を出し切りたい」
2018/04/20 9:55

LEXUS TEAM SARDはスーパーGT第2戦「FUJI GT 500km RACE」において、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500の第2ドライバーに坪井翔を起用する。

 株式会社サードは、5月3日、4日に開催されるスーパーGT第2戦「FUJI GT 500km RACE」において、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500の第2ドライバーに坪井翔を起用することを発表した。

 ヘイキ・コバライネンと小林可夢偉という、元F1ドライバーコンビでスーパーGTを戦うLEXUS TEAM SARD。しかし小林は世界耐久選手権(WEC)にも参戦が決まっており、第1戦スパ・フランコルシャン(5月4日、5日)とスーパーGT第2戦富士の日程が重複しているため、スーパーGTを欠場することになっていた。

 今回、小林の代役を務める坪井は、スーパーGT300クラスや全日本F3選手権を戦う新進気鋭の若手ドライバー。先月末に行われた富士公式テストで、すでに#39 DENSO KOBELCO SARD LC500をドライブし、GT500マシンも経験済みだ。

 坪井はチームのプレスリリースに次のようにコメントを寄せ、代役としての役割をしっかりと果たしたいと意気込んだ。

「第2戦富士はサードからGT500クラスに参戦いたします。可夢偉さんの代役をしっかり果たせるよう戦 いたいです。既に富士でのGTA公式テスト含めドライブしていて、F1コンビに混じって速いマシンでのドライビングは一言で楽しい!でした。新しい発見と良い経験ができて、とても勉強になっています。富士では自分の力を精一杯出し切れるように頑張りたいと思いますので、ご声援よろしくお願いいたします」

次の記事
鈴鹿公式テスト2日目:100号車NSXのバトンが2日連続で最速

前の記事

鈴鹿公式テスト2日目:100号車NSXのバトンが2日連続で最速

次の記事

GT500初挑戦の坪井翔「経験をフルに活かしてチャンスを掴みたい」

GT500初挑戦の坪井翔「経験をフルに活かしてチャンスを掴みたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT