スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
1 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
22 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
36 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
57 days

トム・ディルマン、日本のレースへの復帰を望む「最終的にGT500でレースをしたい」

シェア
コメント
トム・ディルマン、日本のレースへの復帰を望む「最終的にGT500でレースをしたい」
執筆:

2018年のスーパーフォーミュラに参戦したトム・ディルマンは、再び日本のフィールドでレースをしたいという思いを明かした。

 昨年はフォーミュラEとWECで活躍したトム・ディルマンは、日本の主要カテゴリーを今後の自身の活動の場として考えているようだ。

Read Also:

 ディルマンは2018年に初来日。クラッシュで両足を骨折したピエトロ・フィッティパルディの代役としてスーパーフォーミュラで6レースを戦った。その後はフォーミュラEやWECに集中し、日本のカテゴリーからは離れることになったが「スーパーフォーミュラには継続して参戦したい」と力強く語るなど、日本のレースに対しては強い興味を示していた。

 そんな中、3月に行なわれたスーパーGTの岡山公式テストにディルマンの姿があり、GT300クラスの#87 T-DASH ランボルギーニ GT3をドライブした。すでに同車両は元嶋佑弥とデニス・リンドがレギュラーを務めることが決定しており、今回は将来的にスーパーGTでシートを獲得するきっかけ作りという意味合いが大きかったようだ。

「(岡山テストでは)テストのみだ。今後どうなるかはまだ分からない状況だ」

 そう語ったディルマン。こういったツーリングカーでのレース経験はあまりない彼だが、2日間のテストではランボルギーニ ウラカン GT3を器用に乗りこなしていた。今まで様々なカテゴリーで様々な車両を乗り分けてきたという経験が活きているようだ。

「僕は今までいろんなクルマでレースをしてきたし、異なる特徴のクルマに乗り替えていくことには慣れている。フォーミュラカーやLMP1も経験したし、昨年はフォーミュラEでも戦った。こうして多くのマシンと一緒に走ることには慣れているし、異なるクラスとの混走ではWECでの経験が生きている」

「僕はABSが使えるGT3カーの経験はあまりないけど、特に難しく感じることはなかった」

「ただ、スーパーGTが他のレースと違う点は“タイヤ”だ。スーパーGTは複数メーカーが参戦していてタイヤ戦争が起きている」

「今はヨーロッパをはじめ他のカテゴリーはほとんどがワンメイクタイヤになっているけど、スーパーGTでは自分たちでタイヤを開発しなければいけなくて、テストでもタイヤに関するメニューをたくさんこなさなければいけない。それが面白いと感じた部分でもあった」

 新型コロナウイルスの影響により無観客での実施だった岡山公式テスト。ディルマンも「パドックにファンがいなくて寂しい」と語っていたが、将来的には日本のレースフィールドで本格的に戦っていくことを考えていると明かした。

「本当なら昨シーズンはスーパーフォーミュラに継続参戦して、できればGT500にも挑戦したいと思っていた。だけどフォーミュラEの日程とかなり被ってしまって、日本のレースのシートを獲得するのが困難な状況だった」

「今はもう一度、日本のトップカテゴリーで戦えるように模索しているところだ」

 その中でもディルマンは、最終的にGT500クラスへの参戦を熱望しているという。そのステップとして、まずはGT300クラス参戦を目指すとのこと。今季に関してはそれを実現するのが難しくなってしまったが、引き続きチャンスを探っていくようだ。

「僕の最終目標はGT500で戦うことだ。だけど、まずはGT300に参戦して、スーパーGTというチャンピオンシップがどういうものなのかを知ることが現実的な選択肢になるだろう」

「もちろん、GT300のレベルも非常に高くて、素晴らしいドライバーとチームが揃っている。(GT500と比べると)スピードは遅いが、ものすごくコンペティティブなクラスだなと感じている。すごく楽しいよ」

 

Read Also:

新体制で国内レース再挑戦、Team Studie鈴木代表がスーパーGT復帰へ意気込み語る

前の記事

新体制で国内レース再挑戦、Team Studie鈴木代表がスーパーGT復帰へ意気込み語る

次の記事

BMWは2020年のGT500参戦を検討していた……Team Studie鈴木代表が現状を語る

BMWは2020年のGT500参戦を検討していた……Team Studie鈴木代表が現状を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘