勝利目前でまさかのリタイア……36号車auの坪井、「完璧なドライビングだったのに」と嘆く

スーパーGT第2戦富士で、勝利を目前にしながらも勝利を失った36号車au TOM'S GR Supraの坪井翔。彼は“完璧な走りで勝てたはず”のレースを落としてしまったことは残念だと語った。

勝利目前でまさかのリタイア……36号車auの坪井、「完璧なドライビングだったのに」と嘆く

 富士スピードウェイで行なわれた2021年スーパーGT第2戦では、17号車Astemo NSXが優勝。終盤に勝利を目前にしながらもトラブルでリタイアを強いられた36号車au TOM'S GR Supraの坪井翔は、勝てるはずだったレースを落としたことへの失望を示した。

Related videos:

 第2戦の決勝レースで、36号車は4番グリッドからスタートすると好加速を見せて2番手に浮上。7周目にフルコースイエロー(FCY)が解除されたタイミングでトップの8号車ARTA NSX-GTを抜き去り先頭に立つなど、好調な走りを見せていた。

 しかし、彼らは勝利を目前にしながらもトラブルでそれを失ってしまった。

 問題が発生したのは終盤も終盤の残り11周。この際はコース脇にストップしたマシン回収のため、この日3度目のFCYが発令されており、それが解除されるタイミングだった。

 この時36号車は2番手で、トップには8号車がつけていた。しかしながらこのFCY明けに36号車が先頭に立つ可能性が濃厚な状況だった。なぜなら8号車が94周目に行なったイエローフラッグ時の追い越し違反が審議がされており、そのペナルティが科されることは確実視されていたからだ。

 だが36号車はFCY明けのリスタートで失速。そのままマシンをコース脇に止めざるを得なかった。結局、勝利を目前にしつつも彼らはここでレースを終え、13位完走扱いのノーポイントとなった。

「プロペラシャフトか何か、分かりませんが最後のFCY後リスタートで何かが壊れてしまい、駆動力を失ってしまいました」

 坪井はトラブル発生時の状況についてmotorsport.comにそう語った。

「ドライバーとして自分にできることは何もありませんでした」

「8号車がペナルティを科されるだろうということは分かっていました。(後ろの)17号車よりも自分たちのほうが速く、8号車よりも良いペースがあったんです。ペナルティのことを聞いた時、僕はオーバーテイクのチャンスを窺っていたところだったので、タイヤに余裕をもたせるべきだと思って抑えたんです」

「僕のドライビング自体は完璧だったと思っていますし、僕らはこのレースを間違いなく勝てたと思います。その勝てるレースを逃してしまったのは残念です」

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】8号車ARTAの福住、優勝目前で痛恨のペナルティ……マシンに視界遮られ黄旗見えず

前の記事

【スーパーGT】8号車ARTAの福住、優勝目前で痛恨のペナルティ……マシンに視界遮られ黄旗見えず

次の記事

スーパーGT第2戦富士、FCY初運用で見えた今後の改善点。“不公平”はどこまで是正できるか?

スーパーGT第2戦富士、FCY初運用で見えた今後の改善点。“不公平”はどこまで是正できるか?
コメントを読み込む